カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 体温 >
  4. 低体温が不眠を引き起こすって本当?

健康診断・健康管理

低体温が不眠を引き起こすって本当?

低体温の子どもが増えているという話を聞いたことはありませんか?実は低体温は、睡眠とも関係があるんです。

 

●低体温とは

人間の平熱は、36-37度くらいといわれています。低体温とは平熱が36度よりも低いことを指しています。

35度5分、35度2分といったような体温で毎日を過ごしている方は増えています。

本来、人間の体は36-37度で上手に機能するようにできています。36-37度だと代謝も活性化しやすく、血液の流れも良好です。

ですが、低体温になってしまうと血液の流れが悪くなるので、末端の冷えが起きます。

また、基礎代謝が落ちるので太りやすくなるというデメリットもあります。

 

●低体温と睡眠

低体温と睡眠障害で特に関係が深いものは『早朝覚醒』です。

不眠症の方の中には、朝方寒くて目が覚めてしまう方もいます。

真冬であればわかりますが、春や秋などそれほど寒くない季節でも冷えで目が覚めるのです。

もともと体温が低い上に、朝方は深部体温が最も下がるので目が覚めます。

早朝覚醒したときに体の状態はどうか、足先手先は冷えていないかを一度確認してもよいかもしれません。

不眠傾向があり、低体温での早朝覚醒を繰り返すうち、慢性的な不眠になる可能性もあります。

 

●体温を上げるには

体温を上げるには、まず体を温めることが第一です。

夏場でもしっかりと湯船に浸かって体全体を温めた方が、低体温の改善にはよいです。

また、手先や足先を冷やさないように、靴下・手袋で対応するのもおすすめです。

(Photo by:足成)

著者: 玲さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体温に関する記事

睡眠中の体温は高い?低い? 適切な体温とは?

体温は人によって違います。ですが、睡眠時の体温は、どんな人でもある程度一定の...

食事から低体温を改善する!積極的にとりたい食材は○○です♪

体温が低くなると、免疫機能や酵素の働きも弱まってしまいます。これによりさまざま...


低体温の原因は○○だった!?生活習慣病や不妊症…低体温になりやすい病気とは

近年、体温が36℃に満たない低体温の人が増えているようです。大人だけでなく、子...

体温はどこで作られるの?低体温を改善するだけで病気の予防になるって本当?

人間の体温は、36.5℃前後が最も適しているようです。このぐらいの体温だと、酵...

カラダノートひろば

体温の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る