カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 子供が溺れた?!応急処置のポイントは?

育児

子供が溺れた?!応急処置のポイントは?


 

夏は子供達にとって沢山遊べる楽しい時期です。プールや川、海などで泳ぎを楽しむ機会も多くなります。しかし気をつけなければならないのが、子供の安全です。それでも水に溺れてしまったとき、冷静な判断と行動が子供の命を助けるでしょう。

 

まずは助けを呼ぶ

溺れている子供を発見した場合、溺れた子を救助した場合など、1人ではパニックになってしまうこともあります。1人では出来ないことでも人数が集まれば出来ることだってあります。とにかく助けを呼ぶようにしましょう。救急車の手配などを頼むのも忘れずに行いましょう。

 

意識の確認

意識があったら

溺れた子供を救助したら、意識の確認を行います。意識があれば大丈夫です。夏でも永い間水に浸かっていることで低体温を起こしている可能性もあります。体を拭いて温かくしておきましょう。冬ならば直ぐに体を拭いて暖かい格好をさせ、温かい飲み物を与えるようにします。低体温を起こしているようならば、病院を受診させるようにしましょう。

意識が無かったら

意識の確認をして、意識がなかったら気道確保と心臓マッサージ、人工呼吸などで救命措置を取らなくてはなりません。周りの人に声をかけ協力してもらい、同時に救急車を手配してもらうようにしましょう。意識が無くなると喉の筋肉が下がり気道を塞いでしまい、窒息してしまうので、まずは気道の確保です。気道の確保ができたら、心臓マッサージと人工呼吸を合わせて行います。

 

救急車が到着するまで諦めない

気道の確保と心臓マッサージ、そして人工呼吸を繰り返し行いながら、救急車の到着を待ちましょう。諦めず救急車到着までやり続けることが大切です。

 

溺れている子供を発見したら

  1. 周りに知らせ助けを呼ぶ(監視員や周りにいる人)
  2. 意識の確認(意識が無ければ救急車を呼ぶ)
  3. 気道の確保
  4. 心臓マッサージと人工呼吸

 

大切なのは溺れさせないことです。子供から目を離さないようにして、十分な安全を確保しましょう。しかし溺れてしまった時は、すばやく的確な行動が子供の命を救うことになります。慌てず冷静に対処できるようにしましょう。 

 

(Photo by: [http://www.pakutaso.com/201108592313.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

【体験談】1才3ヶ月の息子が熱性痙攣後に突発性発疹!~その時どうしたか~

  これは、我が家の長男が1才3ヶ月に起した、実際の体験を元に、お伝えさせ...

浅い傷?深い傷?切り傷の正しい対処方法とは?

  お子さんの周りには危険が沢山あり、包丁やナイフ、ガラス、紙などでも簡単...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る