カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 中耳炎が酷くなると鼓膜切開に?!繰り返す中耳炎には注意!!

育児・子供の病気

中耳炎が酷くなると鼓膜切開に?!繰り返す中耳炎には注意!!

 

1歳から5歳くらいまでの子供は、よく中耳炎をおこします。風邪やインフルエンザが原因でなることが多いのですが、この中耳炎を繰り返したり、症状が酷かったりすると鼓膜切開をしなければならなくなることがあります。

 

子供は中耳炎になりやすい

子供は免疫力も弱く、ちょうど1歳から5歳までの時期は母親からの免疫がなくなり、自分の免疫を作っている時期です。また、大人と比べて耳管が太くて短い構造であるため、菌の入った鼻水が耳管を通って、耳に通りやすくなってしまっています。そのため子供は中耳炎になりやすいのです。

 

 

中耳炎の症状

  • 耳の痛み・自閉感・発熱・耳漏など
  • 鼓膜が赤くなる(軽度)・鼓膜が赤く腫れあがる(重度)

 

 

治療方法

治療は主に、抗生物質の内服薬や点耳薬です。しかし最近では抗生物質に抵抗を持った細菌が多く抗生物質が効かなかったり、中耳炎を繰り返してしまう子供も見られるようです。

そうすると鼓膜切開を行い、鼓膜の奥、中耳に溜まった濃汁や分泌物を除去することが必要となってきます。また中耳炎を繰り返し、症状が酷い場合は、鼓膜にチューブを留置することもあります。

 

・鼓膜切開

中耳炎が繰り返されたり症状が酷い場合には、鼓膜切開によって中耳の濃汁や分泌物を取り除かなくてはなりません。耳に麻酔液を入れて10分ほど置くとほぼ無痛の状態になるのですが、鼓膜が赤く腫れあがって炎症を起こしているなど、症状が酷い場合はこの麻酔が効かないこともあります。そうなると、子供を押さえつけてできるだけ動かないようにし、その間に鼓膜切開を行う方法しかなくなってしまいます。

 

「中耳炎だから」「中耳炎になりやすいから」と中耳炎を甘く見てはいけません。繰り返し中耳炎をおこしたり、症状が酷くなる前に、しっかりと治療しておくことが大切です。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20131022302post-3429.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

生後1,2ヶ月の赤ちゃんの鼻詰まりの原因と解消法!

生後1,2ヶ月頃、風邪の症状は出ていないのに鼻詰まりで苦しそうにしていると辛...

早めの受診が治癒のカギ!扁桃炎の症状と特徴についてのまとめ

「扁桃炎」という病名は、皆さんもよく耳にすることがあると思います。ですが、実際...

耳・鼻・口・喉の体験談

副耳ってなに?発覚と治療について

次男には生まれつき、左耳に副耳と耳垂裂があります。 出産直後は私も助産師さんも気付いておらず、...

生後7ヶ月、中耳炎になる〜切開排膿

ここ最近すんっごく寒くなったので娘に厚着させてました。 鼻垂れもあったので、風邪引かせちゃダメ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る