カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. チャーグ・ストラウス症候群 >
  5. アレルギーの延長?原因不明の難病…チャーグ・ストラウス症候群

気になる病気・症状

アレルギーの延長?原因不明の難病…チャーグ・ストラウス症候群

 

気管支喘息やアレルギー性鼻炎を発症している人の中にはその疾患に続いてチャグ・ストラウス症候群という疾患を生じることがあります。

この疾患は非常にまれな疾患で、難病指定もされています。

 

難病、チャル・ストラウス症候群

難病とされるチャル・ストラウス症候群は細い血管で血管炎といった血管障害が生じるものです。この血管炎は壊死性の血管炎で、末梢血好酸球の増加を伴って見られます。

血管炎が全身の血管で見られるので、炎症が起こる血管の場所によっては症状が重篤になることがあります。難病とされていることの一端は、これらの症状が起こる原因が分かっていないことにもあるでしょう。

 

Ⅰ型アレルギーの関与

チャル・ストラウス症候群は気管支喘息やアレルギー性鼻炎といった疾患が先行して見られます。そのためⅠ型アレルギーの関与が考えられています。Ⅰ型アレルギーとはⅠgEが関与することで引き起こされるアレルギー反応です。

ⅠgEとは人が持つ抗体の中でアレルギー反応に関係する抗体です。

本来、抗体は体を守るためのものですが、過剰に働くと気管支喘息やアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、アトピーといった異常な体の反応を引き起こすことになります。

チャル・ストラウス症候群はこうしたアレルギー反応と深く関係しているものと考えられています。ただし、現在は疾患に先行してアレルギー疾患が見られるというだけで、その関係が明確に証明されているわけではありません。

 

アレルギー反応によって

つまりアレルギー体質を持っている患者が、抗原の刺激を受けることで気道粘膜やマスト細胞、マクロファージ、T細胞、好酸球などから炎症の形成に関与するタンパク質が生産され、これによって好酸球の活性化が促進されて疾患の発症につながるとされています。

 

過剰な体の防衛機能の延長という見方が強いですが、なぜそれがチャル・ストラウス症候群につながるのかは明確ではありません。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/27-370776.php?category=390])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

チャーグ・ストラウス症候群に関する記事

気になるチャーグ・ストラウス症候群の検査、診断と治療方法

チャーグ・ストラウス症候群は、血管炎の症状など、様々な器官に炎症が起きる病気...

どんな病気?チャーグ・ストラウス症候群(アレルギー性肉芽腫性血管炎)

チャーグ・ストラウス症候群という病気を聞いた事があるでしょうか?別名アレルギ...


様々な角度から行われるチャ―グ・ストラウス症候群の検査 早期の診断が大切です

  全身の血管に炎症が起こる疾患にチャーグ・ストラウス症候群という疾患がありま...

アレルギーが原因?! チャーグ・ストラウス症候群

    花粉の季節、鼻炎に悩まされる人も多いと思います。アレルギーは、花...

カラダノートひろば

チャーグ・ストラウス症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る