カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 臍帯血バンク >
  5. 臍帯血には可能性がいっぱい!公的臍帯血バンクについて知ろう

妊娠・出産

臍帯血には可能性がいっぱい!公的臍帯血バンクについて知ろう

臍帯血バンクについて、見聞きしたことがあるという人も多いでしょう。骨髄バンクが白血病の治療に役立つということは広く知られていますが、臍帯血バンクも同様に効果があることがわかっています。数十年前までは捨てられるだけだったものですが、さまざまな病気を治療できる可能性を秘めています。バンクには公的なものと民間のものがありますが、一般的にいわれているのは公的なものです。

 

■公的臍帯血バンクの役割

臍帯血を管理しています。臍帯血を採取し、細胞数や感染の有無などの検査を行い、必要な成分だけを分離し、保管しています。それぞれの臍帯血には関するデータも管理し、需要にマッチしたものを病院などに提供します。白血病などの血液疾患や遺伝病の治療をサポートする役割があります。全国に8ヶ所のバンクがあり、「日本さい帯血バンクネットワーク」によって各バンクの情報が一元管理されています。

 

■提携産院でのみ採取

臍帯血の採取は、提携している産院で実施することができます。それほど価値のある臍帯血ならどこの病院でも採取すればいいのに、と思うかもしれませんが、効率よく確実に実施するには人手の確保や設備が必要になります。移植に使うことができる臍帯血は、細胞量が一定の量を超えていること、無菌であることなどの条件がありますので、採取する人の技術も重要です。

 

■さまざまな病気の治療に役立つ可能性

臍帯血には「造血幹細胞」が含まれており、これが白血球や赤血球などのあらゆる血液細胞に変化し、血を造る元となります。移植することで正常な血液を造りだし、血液疾患の治療に役立てます。このあらゆる細胞になりうるものを「幹細胞」といいます。話題のiPS細胞などは、体のどの部分をも造ることができると期待されている幹細胞です。臍帯血細胞は、骨髄細胞よりも血液以外の細胞を造る能力が高く、特に神経細胞を造る能力が高いことから脳性小児麻痺の治療について研究がすすめられているようです。

 

 

提供者にもほとんど負担がなく、たくさんの可能性を秘めている臍帯血バンクですので、出産の予定がある人は検討してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by:足成 )

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

臍帯血バンクに関する記事

いま病気で苦しむ人たちのために。臍帯血バンクに登録しよう!

知っていますか?「臍帯血(さいたいけつ)」のこと 「臍帯血」とは、赤ちゃんとお...

出産時の選択の一つ「公的バンクへの臍帯血の提供」の意義とは

産院選びの際、「臍帯血を提供できる病院か」という項目を気にかける人も増えてきて...

お金・各種制度の体験談

どこにしよう?妊娠中に学資保険選び

自分の保険のこともいまいちよくわかっていない私なのですが、子供のためにできることの一つとして学資保険...

家計の見直し!赤ちゃんが生まれてからの生活費のために

今夫婦2人で生活費がギリギリです(笑) 毎月積み立てはしてるので少しの貯金は出来ていますが、赤ちゃ...

カラダノートひろば

臍帯血バンクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る