カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 臍帯血バンク >
  5. 出産時の選択の一つ「公的バンクへの臍帯血の提供」の意義とは

妊娠・出産

出産時の選択の一つ「公的バンクへの臍帯血の提供」の意義とは

産院選びの際、「臍帯血を提供できる病院か」という項目を気にかける人も増えてきているのではないかと思います。臍帯血を提供するとどのようなことに役立てられるのでしょうか。

 

■臍帯血が必要な理由

臍帯血には、腕などから採血した血液とは異なり、血を造る元となる造血幹細胞というものが多く含まれています。白血病などの、正常な血液が造られないような血液疾患の治療として移植すると、大きな効果が期待できます。白血病のドナーとして登録することでも知られている骨髄バンクは、同様に造血幹細胞を採取するためのものですが、採取時に痛みを伴うなどドナー側の負担も大きいものと認識されています。臍帯血バンクは、分娩時に臍帯から短時間で採取するだけなので負担も少なく済みます。

 

また、臓器や骨など体のあらゆるものを造る元となることができる幹細胞もたくさん含まれており、今後再生医療に役立てるものとして研究が進められているようです。脳性麻痺などの治療に効果を発揮すると期待されています。

 

■提携している病院でのみ採取

臍帯血バンクに保管されると、適合する人がいれば、必要な人へ移植されることとなります。登録して必要としている人に使ってもらいたいと考えた場合、提携している病院での出産を選択する必要があります。全国に約100施設ほどの提携病院があるようです。詳しい病院名を知りたい場合は、公的臍帯血バンクのホームページで調べると良いでしょう。公的バンクの他に民間のバンクもありますが、民間の場合有料であり、本人や家族が病気になった時に使用するために、保管してもらうといったものです。留意すべき点も幾つかありますので、注意しましょう。

 

 

必要としている誰かを救えるかもしれない公的臍帯血バンク、気になる方は提供を検討してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by:足成 )

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

臍帯血バンクに関する記事

いま病気で苦しむ人たちのために。臍帯血バンクに登録しよう!

知っていますか?「臍帯血(さいたいけつ)」のこと 「臍帯血」とは、赤ちゃんとお...

未来を生きる子供たちへ。臍帯血の私的保存について

  いま、臍帯血によるさまざまな病気の治療方法が研究されています。 「臍帯血」...

お金・各種制度の体験談

どこにしよう?妊娠中に学資保険選び

自分の保険のこともいまいちよくわかっていない私なのですが、子供のためにできることの一つとして学資保険...

家計の見直し!赤ちゃんが生まれてからの生活費のために

今夫婦2人で生活費がギリギリです(笑) 毎月積み立てはしてるので少しの貯金は出来ていますが、赤ちゃ...

カラダノートひろば

臍帯血バンクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る