カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 生活改善 >
  5. 睡眠ホルモンをアップさせるには?快眠のための寝室照明のススメ

不眠・睡眠障害

睡眠ホルモンをアップさせるには?快眠のための寝室照明のススメ

眠るためにはリラックスすることが大切です。副交感神経優位の状態で、ゆっくりと眠りに入れればベストです。とはいってもなかなか寝付けない人もいると思います。

そこで、今回は心地良い睡眠導入と照明や環境の関係についてご紹介していきます。

 

リラックスと環境

心のリラックスと環境の関係性は、以前からあらゆる場所で言われてきました。目から入る刺激、音の刺激などによって、交感神経が優位になることもあります。

眠りのためによい環境・悪い環境というものももちろんあります。

 

眠りのためによい寝室

リラックスの基準は、細かく見ていけば人それぞれです。そのため、寝室に関しても自分が落ち着ける場所であるということが第一です。

その上で、注意したいことは寝室の照明です。眠る前には、少しずつ照明の明るさレベルを下げていくとよいといわれています。というのも、照明は目からの入る光の刺激です。

光の刺激が夜遅くまで続いていると、寝る時間ではないと脳が認識します。睡眠ホルモンのメラトニン分泌も阻害されるので、なかなか眠りに就くことができません。そのため、就寝直前まで明るい照明をつけるのはおすすめしません。

 

どんな照明がいいの?

LEDなどで明るさを調節できるタイプの照明も増えています。それらを使うのもよいですし、ランプなどの間接照明を利用するのも良いです。目に入る光の量を減らすことが目的なので、なるべく暗めにして携帯電話やパソコンはつけないでください。

蛍光灯よりは白熱灯の光の方がリラックス効果があるので、寝室だけ白熱灯に変えてみてもよいでしょう。

 

自分がリラックスできる照明や環境を探してみましょう!

 

(Photo by:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活改善に関する記事

ブルーライトは不眠のもと?!安眠するためにデジタル機器を使うときに気を付けること

TVやパソコン、スマートフォンなどの液晶画面からはの強い光が出ています。 ...

疲れを明日に持ち越したくない!しっかり体力を回復するための眠り方

寝ても寝ても疲れがとれない、なんてこと、経験がある人も多いのではないでしょうか...


あなたの生活習慣をチェック!睡眠を妨げる原因になる、色々な生活習慣☆チェックシート付き☆

ストレスが不眠症の原因になるというのは、聞いたことがあるかもしれませんが、生活...

温度が高すぎても低すぎても快眠にはならない!快眠できる部屋の湿度はどれくらい?

  不眠と温度には関係があります。温度が高すぎても低すぎても、人の体は眠り...

カラダノートひろば

生活改善の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る