カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 気づいてあげて!わかりにくい子どもの骨折

育児

気づいてあげて!わかりにくい子どもの骨折

子どもは激しい遊びをしても、大人と違って骨折しにくいという印象があるかもしれません。

 

子どもの骨も折れやすい

確かに、子どもは大人と違って関節が柔らかく、骨折しにくいと言えるかもしれません。しかし、近年の偏食や過度のダイエットによる栄養の偏りや、運動不足による運動能力の低下により、その骨折度合いは20年前に比べると約1.5倍にまで増えているとも言われています。

 

大人の骨折の場合は、その言葉の通りポキンと折れる音を自覚することが多いようです。また骨折するに至る原因もはっきりとしており、痛みも酷いため、レントゲン写真を撮らずとも明らかに骨折していると予測が出来ます。

 

しかし、子どもの場合はそうでないことが多いようです。

 

例えば、遊んでいてブランコやジムなどから飛び降りる、激しい運動をする、何かにぶつかったりしたとき、線状骨折のような骨膜内でひびが入った状態の骨折になることがあります。この場合、症状的には捻挫のような痛みを訴えるため、骨折だとは分かりにくいことも多くあります。

 

骨折の症状

1. 痛みが酷い(乳児・幼児の場合はひどく泣く)。

2. 皮膚が捻挫の時の様に浮腫んだり腫れたりする。

3. 皮膚の一部分に内出血班が現れる。

4. 手や足の動きがいつもと違う。

5. 手や足の向きがいつもとは違う。

6. 腕や足に力が入らない。

 

このような場合は、無理に患部を動かしたりせず、骨折を疑い整形外科を受診することをお勧めします。子どもの場合、骨折しても早期の治療で麻痺も残らず完治することが多いので、あまり心配はいりません。

 

また、日頃から骨折に気付きやすいよう、子どもの動きに気を配り、骨折予防のためにカルシウムやビタミンの豊富なバランスの取れた食事を心がけてあげましょう。 

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

同じように足首が痛いけど、骨端線損傷と捻挫は違います!

足首をひねった後、痛みがある場合には捻挫を疑いがちですが、子どもの場合は違う可...

家の中で子どもが溺れた!そのときどうする?

  子どもは風呂桶1杯の水でも溺れます。実際に水の入ったバケツを覗き込んでいた...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る