カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 糖代謝 >
  5. ケトン体(K) >
  6. 尿検査でケトン体の値が高い!~ケトン症について~

健康診断・健康管理

尿検査でケトン体の値が高い!~ケトン症について~

ケトン体は、健康診断でよく計測される値です。実際には、尿検査を通じてスクリーニング検査を行うのが通例です。

 

では、ケトン体の値は、どのようなことを表すのか見ていきましょう。

 

ケトン体とは

ケトン体とは、3-ヒドロキシ酪酸、アセトン、アセト酢酸の総称です。アミノ酸および脂肪酸の不完全代謝産物であり、特に体の中では脂肪の分解によって肝臓でケトン体が作られます。ケトン体は臓器でのエネルギー源になるだけではなく脂肪の合成のために再利用される物質です。

 

ケトン症とは

このケトン体は多すぎた場合、血中に蓄積され、最終的に尿に混ざって排出されます。ケトン体が必要以上に増加している状態を、ケトン症(ケトーシス)といいます。

 

ケトン体は強い酸性であることかあら、体液のpHが酸性に傾くので、ケトアシドーシスとも呼ばれます。

 

ケトン症の原因

ケトン症の原因は、いくつかあります。まず第一に考えられるのは、血糖を下げるインスリンというホルモンが欠乏していることです。第二にはストレスが原因で脂肪組織から脂肪酸が作られてしまうことにより、その多くが肝臓でケトン体に変化してしまうことでケトン症になってしまうのです。

 

ケトアシドーシスが出る場合、以下の原因が考えられます。

 

・大手術の後

・発熱時

・激しい運動後

・外傷がある場合

・絶食又は飢餓状態にある場合

・糖尿病

 

上記にもあるとおり、肥満の人が急激なダイエットを試みて、絶食のような無理な食事制限をした場合、体内にケトン体が大量に発生します。そのため、尿中のケトン体は陽性になる場合があります。

 

また、健康な人が非常に強度の強い運動をした場合には、一過性ですが血中ケトン体が増加する場合があるので、この値が基準値よりも高いからといって、すぐに深刻に考えず、上記のような他の要因も含めて考慮したうえで、さらに精密な検査を行うことが大変重要です。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケトン体(K)に関する記事

ケトン体異常から考えられるグルカゴノーマ グルカゴノーマっていったい何?

  ケトン体は尿検査によって測りますが、異常値が出た時(陽性の時)には糖尿病の...

健康診断で測定するケトン体の役割とは?

尿検査の検査項目の中にケトン体の文字を見つけたことがありませんか? ケトン体は...


糖尿病患者はケトン体に要注意!命に係わるケトン性昏睡とは

  糖尿病にはいくつか合併症がありますが、その中でも特に危険度が高い合併症と言...

命の危険も!?ケトーシスとケトアシドーシスって何?

ケトーシスとケトアシドーシスという言葉を聞いたことがないでしょうか。 糖尿病の...

カラダノートひろば

ケトン体(K)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る