カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 染色体異常 >
  5. ダウン症候群の子どもの発達遅滞について

育児

ダウン症候群の子どもの発達遅滞について

    

ダウン症候群の子どもの知能指数はおおよそ20~60がもっとも多く、まれに20以下の子もいたりと個人差があります。

 

通常の発達遅滞の子どもが外見的には健常児と変わらず、親が自分の子供を発達遅滞とは認めたがらないことで早期教育が遅れる傾向があるのに比べ、ダウン症候群の子どもは、外見的な特徴があることから比較的早期教育が浸透しており、知的面の発達がかなり改善されてきています。

 

ダウン症候群の子どもの特徴
1. 純粋で素直
2. 社交的
3. 率直
4. 頑固
5. 世話好き、いたずら好き
6. 聞いたことを短時間記記憶にとどめておくことが苦手
7. 視覚的な記憶は比較的記憶しやすい
8. 模倣力は比較的強い

 

ダウン症候群の子どもたちは、一般的に人との触れ合いを好み、音楽を聴くことを好み、陽気で笑顔が愛らしい印象を受けます。ですが、どちらかというと、文字の習得や言語で物事を伝えるコミュニケーション法の習得が不得手なようです。そのため、身振り手振りといった視覚的なコミュニケーション的教育法を取り入れていきますが、その習得度にも個人差はあるようです。


また純粋であるが故、時に頑固で大人の言うことを聞きいれない面もあります。そのような場合は、本人の興味を示すものを日頃から知り、互いに衝突しがちな局面を避けていくことも必要です。


ダウン症候群の子どもたちを教育する現場では、その子どもにあった対応を上手にしている場面をよく見ます。

 

親や親近者に対してはどちらかというと甘えやわがままが前面に出がちですが、それでも教育者にその都度相談し、その子に合った対応方法を見つけていくことが、親子共にストレスを貯めないためには必要です。

 

「恥ずかしい」「今さらこんなことはきけない」と思わずに、医療関係者や教育担当者にはどんどん質問をしていくことをお勧めします。

 

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/2009/02/23-014440.php?category=51)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

染色体異常に関する記事

ダウン症の合併症として多い心疾患にはどんなものがある?

  ダウン症児は合併症をともなっている場合が多くあります。その中でも多いのが先...

【ターナー症候群】性染色体の異常で起こるこんな疾患【クラインフェルター症候群】

  染色体は22対44本の常染色体と、1対2本の性染色体から成ります。性染色体...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

カラダノートひろば

染色体異常の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る