カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 身体測定 >
  5. BMI >
  6. 低BMIがもたらす健康への悪影響

健康診断・健康管理

低BMIがもたらす健康への悪影響

 

BMIが低いと痩せている、というポジティブなイメージがあるかもしれませんが、BMIが標準の値よりも低い場合は、様々な病気のリスクがあるということをしっかり理解しておきましょう。

 

 

BMIが低いことによる体への悪影響 

 

BMIが著しく低い人は、体に栄養が十分に行き渡らないばかりではなく、脳にも栄養が行き渡らない場合があり、脳に萎縮が起こる場合もあります。脳が萎縮してしまうと、集中力が低下したり、摂食障害を長引かせるという悪影響をもたらします。

 

女性には月経不順のリスクも 

 

低BMIの女性は月経不順にも気をつけましょう。栄養が十分でないため、女性ホルモン量が低下してしまい、結果として無月経にもなってしまいます。月経は定期的に出血を伴うというカラダに一定の負担を与えます。しかし、低BMIの場合だと月経による出血すら、カラダに過度の負担を与えるので、月経は止まってしまってしまいます。月経が泊まる程の低BMIは、カラダが緊急事態であることを物語っているということを理解しましょう。

 

低BMIがもたらすその他の悪影響

 

脳の影響や月経不順の他、低BMIは健康に大きな悪影響を与える可能性があります。自分自身が痩せすぎていると考える人で、強い疲労感、嘔吐・下痢・高熱などが発生しやすくなった場合には、痩せすぎによる健康への悪影響を疑いましょう。さらに、症状が悪化すると以下のような重篤な症状が合わせて出る場合があります。

 

・けいれんの発作

・意識障害

・危険な不整脈

 

 

以上のように、低いBMIはカラダに大きな負担をかけます。痩せすぎると栄養がカラダだけではなく脳にも行き渡らなくなります。結果として、集中力の低下などが発生し、女性の場合ですと月経不順になる場合があります。他にも、強い疲労感や死に至る危険な不整脈など様々な影響がありますので、やせすぎには注意しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/04/08-377562.php?category=170)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

BMIに関する記事

あなたの体はどんなタイプ?BMI値と体脂肪率を総合的に見てみましょう!

  BMIとはボディマスインデックスの略です。身長と体重から計算できる数値...

BMIの数値だけでは判断できない隠れメタボとは?

                  健康診断でBMI(体格指数)という数値...


BMI値と死亡リスクとの関係について

  BMIは肥満指数とも呼ばれ、体重を身長の二乗で割ることで算出することが...

BMIとがんの発生率には関係があった!BMI数値が高いと大腸がんのリスクが上がりやすい!?

  肥満指数とも言われ、世界的にも広く用いられているのがBMIという指数です。...

カラダノートひろば

BMIの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る