カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 身体測定 >
  5. BMI >
  6. BMI値と体脂肪率を見比べよう!皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の違い

健康診断・健康管理

BMI値と体脂肪率を見比べよう!皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の違い

 

BMIが低く25未満であっても、体脂肪率が高い人がいます。その場合、かくれ肥満の可能性があります。かくれ肥満は内臓脂肪型肥満に分類されます。からだにつく脂肪には二種類あり、一つが皮下脂肪で、もう一つが内臓脂肪です。皮下脂肪は皮膚のすぐ下の部分、つまりカラダの表面に近い部分にある脂肪です。もう一つの内臓脂肪は内臓の周辺など、からだの奥深くにくっついている脂肪を指します。

 

 

内臓脂肪型肥満のリスク

 

皮下脂肪が多いことで肥満になっている場合は、皮下脂肪(蓄積)型肥満、内臓脂肪が多いことによって肥満になっている場合を、内臓脂肪(蓄積)型肥満といいます。この両者の肥満を比較した場合、どちらの方が病気になりやすいのでしょうか。多くの研究結果を総合すると、皮下脂肪型肥満よりも、内臓脂肪型肥満の方が病気にかかるリスクが高いことが判明しています。そして、この内蔵脂肪型の肥満に加えて、高血圧・高血糖・脂質異常のうち2つ以上の症状が見られる場合を、メタボリックシンドロームといいます。その場合、重い生活習慣病の恐れがありますので、早急な治療が必要となります。

 

かくれ肥満の原因

 

見た目は痩せているし、BMI値も低いのに、体脂肪率だけが高い。または、お腹周りだけが太っていて、他は痩せているという人は、内臓脂肪型肥満のかくれ肥満な可能性があります。

どういった場合にかくれ肥満が起こるのでしょうか。かくれ肥満は、極端なダイエットを急激にした人に多いと言われています。例えば、極端に食事を減らしたり、偏食したりすることで短期間のうちに体重をたくさん減らすと、体脂肪を減らすよりも筋肉をより多く減らしてしまうのです。そして、このような無理な急激なダイエットの結果、リバウンドが発生してしまうと、筋肉が減ったままの状態で、脂肪だけがさらに増えてしまうことになります。

 

かくれ肥満の有無については、おへその周りを測ることで一定の基準を超えるかどうか判定します。基準値を超えた場合は、精密検査として、腹部のCTスキャンを使って内臓脂肪面積を測ることで最終的な診断がなされます。

 

 

以上のように、BMIは低くても体脂肪率が高い場合はかくれ肥満の可能性を疑うことが大変重要です。そして、無理なダイエットはできるだけ避けましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/05/04-378276.php?category=205)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

BMIに関する記事

BMIとがんの発生率には関係があった!BMI数値が高いと大腸がんのリスクが上がりやすい!?

  肥満指数とも言われ、世界的にも広く用いられているのがBMIという指数です。...

BMIは低くてもダメ?低いBMIが体に負担をかける理由

 多くの女性は、BMIが低いことに憧れを持つかもしれませんが、あまりにもBM...


肥満度を知るためのBMI値の見方とは?計算方法や肥満レベルについて

肥満は病気のリスクを上げると言われています。肥満度を知るための基準とされるB...

ちょっと太っている人のほうが健康?~BMIの値について~

  BMIは肥満を数値化できる大変便利な値ですが、糖尿病をかかえ高血圧の人は気...

カラダノートひろば

BMIの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る