カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 急に倒れた >
  5. 子どもが急に倒れたら? その原因と対応

育児・子供の病気

子どもが急に倒れたら? その原因と対応

それまで普通にしていた子どもが、急に意識を失って倒れたら、親は当然慌てると思います。ですが、親が慌てて気が動転してしまうと、正常な判断が出来なくなり、対応も遅れがちになってしまいます。

 

例えば高いところから飛び降りて頭を打った後だとか、大量出血の跡に意識を失ったなどというのでなければ、呼吸さえあれば大事にいたることはほとんどありません。まずは親が深呼吸を一つして、おちついて対応することが必要です。

 

子どもが突然倒れる原因として考えられること

1. 脳卒中

2. 心臓疾患によるもの

3. 誤嚥などによる窒息

4. 尿毒性昏睡

5. 肝性昏睡

6. 日射病・熱中症

7. 糖尿病によるもの

8. てんかん発作

9. 貧血

10. 低血圧

11. 起立性障害

12. ヒステリー発作などの精神症状(失神)

 

1~4の場合は生命に直結する場合がありますので、早急に救急車で医療機関に運んで適切な処置をしてもらう必要があります。それ以下も状況によっては救急搬送が必要となるばあいがありますが、ほとんどの場合は応急処置をしてから病院を受診しても間に合います。そのためには、子どもの最近の体調や、倒れる前の状況などを良く知っておく必要があります。

 

基本的な対応として

まずは、最初に、倒れた場所や周囲に危険な物がないかなどを確認します。倒れた場所が道路であったり、階段の近くだったり、周りに危険な物がある場合は、できるだけ近い、安全な場所へと移動させます。

そして、口内に異物がないか、呼吸をしているか、けいれんがあるか、熱はないか、冷や汗や口からのアセトン臭など異常がないか、呼名反応があるかなどを確認します。

 

1. 気道の確保

すぐに口の中を確認し、食べものやあめ玉、異物が入って気道をふさいでいないか確認してください。異物があった場合は取り出し(または掻き出し)ます。その後、顎を頭側に引き、気道を確保します。この段階で呼吸がなければ、すぐに119番通報し、救急車を呼びます。

 

2.安静と保温

衣服を緩め、呼吸が楽になるようにし、身体が冷えないようにします。万が一呼吸がない場合は人工呼吸と心臓マッサージを行います。痙攣がある場合は、原則的には痙攣が治まるまで待ってください。

 

意識がすぐに戻った場合は、さほど心配することはありません。倒れた原因によってそれぞれに対応を考えます。意識が戻らない、混濁したままの時は、そのまま救急車で医療機関まで運んでもらい、どのような状況で倒れたかを救急隊・医師に伝えてください。

 

「育児・子供の病気」で人気の記事はこちら

●病院を受診すべき、たんこぶとは?頭を打った後、チェックするべき身体の症状

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

急に倒れたに関する記事

子どもが倒れた時の応急処置!乳児の心肺蘇生法のポイント

子どもが突然倒れて意識がないときは、心肺蘇生の必要があります。大人と乳児では...

ただのめまいではない、起立性調節障害の診断方法

  学校の朝会で、長い間立っていたために頭がくらくらしてきて急に座り込んでしま...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

急に倒れたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る