カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. γ-GTP >
  6. γ-GTPを下げるために休肝日を作ろう!

健康診断・健康管理

γ-GTPを下げるために休肝日を作ろう!

 

お酒をたくさん飲む人間にとって、γ-GTPは自分の肝臓の健康状態を示すバロメーターかもしれません。γ-GTPが高い場合、肝臓の状態に何らかの異常があることを示します。

γ-GTPは、血液検査によって測定することができます。実際には採血した血液を遠心分離機にかけて、血清部分を得た後、自動分析器を用いることで検出します。

 

 

γ-GTPを下げるためには

 

肝臓の健康状態を示すバロメーターであるγ-GTPを下げるためには、やはり禁酒することが最も効果的な方法だといえます。健康診断の1週間前からお酒を飲まないだけでも、劇的にγ-GTPの値を下げることができます。できるだけお酒を飲まない日をたくさん設けることが、γ-GTP対策の一つとなるのです。

 

休肝日を設けていますか?

休肝日は最低でも週2日間は設けたほうがいいでしょう。お酒によって疲れてしまっている肝臓を、休ませることはとても重要です。そのため、いくら一日のお酒を飲む量を減らしても、毎日お酒を飲んでいると肝臓は休まることはありません。つまり、一切お酒を飲まずアルコールを摂取しない、ということが肝臓を休める上で大変重要なのです。

 

適正飲酒のすすめ

休肝日以外にアルコールを飲む場合でも、適量を守りましょう。適量には個人差があり、個々の肝臓がアルコールを処理できる量は千差万別です。その日の体調や健康状況によっても異なるので、なかなか適正量を測るのは難しいといえます。

 

アルコール量であれば、おおよそ20-40g程度が一日に摂取しても良い量であるといえます。これをお酒別に考えると、ビールだと中ビン1本、日本酒だと1合、ワインだと4分の1本、そしてウイスキーだとダブル1杯程度です。

 

これらを聞くと、もしかしたら少ない量だと思うかもしれません。しかし、肝臓にとってはこのぐらいが無理をしない適当な量なのです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/04/24-378088.php?category=205)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

γ-GTPに関する記事

γ-GTPの数値が高い!悪化すると死に至る場合もある脂肪肝について

  健康診断などでγ-GTPが高かった人は、自分自身の食生活やお酒を飲む習...

アルコールが原因!?γ-GTPが高いあなたにお勧めの禁酒方法!

  肝臓の解毒機能を表すγ-GTP値は100を超えると要注意と言われています。...


運動で肝臓機能が改善する?!~γ-GTPの数値を下げるために~

  肝臓の機能低下で上昇するγ-GTPの値。γ-GTPを下げるために、禁酒...

γ-GTP値を下げるオルニチンやスルフォラファン

  γ-GTPと聞いてそれが何を表すのかを知っているのは、お酒が大好きな人...

カラダノートひろば

γ-GTPの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る