カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 生活改善 >
  5. パジャマひとつで眠りが変わる!?眠りに適したパジャマを選んで質の良い睡眠を!

不眠・睡眠障害

パジャマひとつで眠りが変わる!?眠りに適したパジャマを選んで質の良い睡眠を!

寝具と同様に質の良い眠りを支えているのは「パジャマ」です。パジャマ選びによっては、眠りの質が変わることもあるって知っていましたか?

 

●良いパジャマとは

眠りのためによいパジャマには、いくつかの条件があります。

まずは汗をよく吸ってくれるということです。麻や絹、綿素材のパジャマはおすすめです。

健康な方は一晩でコップ一杯くらいの寝汗をかくので、汗を吸ってくれる生地のパジャマだと良いでしょう

寝汗を吸収できないと冷えた汗のせいで風邪をひいてしまう可能性もあるので、パジャマにとって吸湿性はとても重要です。

 

また、締め付けが少ないことも良い眠りにとっては必要条件です。体は圧迫に弱いので、ストレスを感じることで中途覚醒などを起こすかもしれません。

お腹や手首、足首に締め付けのないタイプのパジャマを選んでください。

 

●パジャマも布団も清潔に

パジャマに関しても布団に関しても言えることですが、よい眠りのためには清潔にすることも大事です。

特にパジャマは毎日汗を吸っているので汚れやすく、不快感のもとともなります。

夏は毎日変える、冬は2-3日に1回変えるくらいのペースとしましょう。

布団は埃やダニが溜まらないよう、定期的に丸洗いしてください。

 

●裸で寝るのはNG!

基本的にパジャマとして販売されているものを着て眠るのがベストです。

何も着ないで眠ると汗が体についたままで吸収されません。それなので、裸で眠るのはお勧めしません。

暑いから裸で寝ているという方は、部屋の温度を下げるなどして、パジャマを着て寝た方がよいでしょう。

 

(Photo by:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活改善に関する記事

精神的なストレスを解消して安眠しよう!森林浴で安眠効果アップ

不眠症を引き起こす、大きな原因のひとつが精神的なストレスです。また、環境の変化...

睡眠ホルモンをアップさせるには?快眠のための寝室照明のススメ

眠るためにはリラックスすることが大切です。副交感神経優位の状態で、ゆっくりと眠...


睡眠ホルモンに影響*遮光カーテンは不眠症に良い?悪い?

遮光カーテンとは読んで字のごとく、光を遮断するカーテンです。いまは、多くのカ...

家にあるものでできる!今日から使える、4つの不眠解消法☆

眠りたいのに眠れない…そんな時は、深部体温(体の内部の温度)と脳の温度が高い...

カラダノートひろば

生活改善の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る