カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 糖代謝 >
  5. HbA1c >
  6. HbA1cは急激に下げると危険?血糖の状態を表す数値の1つHbA1cについて

健康診断・健康管理

HbA1cは急激に下げると危険?血糖の状態を表す数値の1つHbA1cについて

 

HbA1cという名称を聞いたことがあるでしょうか。これは、ヘモグロビン・エイワンシーの略です。血液検査を行った際に、HbA1cの項目をよく目にすると思いますが、具体的には何を示しているのでしょうか。

 

 

HbA1cとは? 

 

HbA1cは、血糖の状態を把握する上で重要な数値の一つです。ヘモグロビンは血液中に含まれている成分の一つで、ブドウ糖と結合するという性質を有しています。そしてブドウ糖と結合したヘモグロビンのことが、HbA1cなのです。そのため、HbA1cの値を確認することで、血液の中の血糖値について理解することができます。

 

HbA1cの数値の見方 

 

正常な人のHbA1cの値は通常、5.8%以下とされています。それ以上の数値が現れた場合は、高血糖状態と言え、8%を超えると糖尿病として様々な合併症が出てくる可能性が高くなります。そのため、糖尿病の治療として、HbA1cの数値を下げることが重要となります。

 

HbA1cを下げる際の注意点 

 

HbA1cを下げるためには、規則正しい食生活や適度な運動などが重要で、これを1-2ヶ月続けていけば、徐々にHbA1cを下げていくことができます。HbA1cの数値を急激に下げてしまうと、血管に過度の負担を与えてしまうということがわかっています。その結果、毛細血管がたくさん集まっている網膜のむくみや、炎症による出血などの症状が現れます。そのため、HbA1cの下げる方法として、半年間で2%程度ずつを目安に減らしていったほうが良いとされています。

 

 

HbA1cは、ヘモグロビンが血液内のブドウ糖と結合した結果であり、この値を測定することによって、糖尿病の疑いがあるか判断することが出来ます。

HbA1cの値が高かったからといって無理にHbA1cを下げようとせずに、辛抱強く徐々にHbA1c値を減らしていく努力を、継続して行うことが大変重要となります。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/05/19-378458.php?category=170)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

HbA1cに関する記事

HbA1c値が高いことで起こる症状や疾患の危険について知っていますか?【後編】

  ※HbA1c値が高いことで起こる症状や疾患の危険について知っていますか...

腎臓病の方はHbA1cの偽低値を引き起こすかも!?

  年を取ると体も当然衰えてくることから1つだけではなく複数の病気や生活習慣病...


数値が2つ!?HbA1cの表示基準!JDS値とNGSP値が高いと…

  糖尿病・糖代謝関係の数値として知られているのがHbA1cというもので、『ヘ...

網膜症のリスクも下げるDPP-4阻害薬とは?

  HbA1cはヘモグロビン・エーワンシーの略で、ヘモグロビンとブドウ糖が...

カラダノートひろば

HbA1cの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る