カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 糖代謝 >
  5. HbA1c >
  6. HbA1c の値を下げるには早食いはだめ!糖尿病にならないために

健康診断・健康管理

HbA1c の値を下げるには早食いはだめ!糖尿病にならないために

 

HbA1cは、血糖状態を調べる上で非常に重要な検査項目の一つで、健康診断時の血液検査の結果には必ずといっていいほど含まれている項目の一つです。

 

 

HbA1cとは 

 

HbA1cはヘモグロビン・エーワンシーの略で、ブドウ糖がヘモグロビンと結合してできる血中内の物質です。HbA1cは糖尿病か否かを示す重要な指標であることから、糖尿病の患者はこの値が非常に高くなります。HbA1cが上昇する理由の多くは食事によるものであることから、糖尿病は贅沢病などとも呼ばれてしまうこともあります。

 

HbA1c を下げるための食事・食生活とは

 

HbA1cを下げることは、糖尿病を防ぐということに繋がります。では、HbA1cを下げるためには、どのような食事・食生活が必要なのでしょうか。まず、第一に重要になってくるのは、食べ方です。まず、一日3食を規則正しく取ることがとても重要です。朝食や昼食を抜いてしまい、空腹のためにその分を一度にまとめて食べてしまうと、一度にたくさんのインスリンが必要となります。

 

さらに強い空腹状態で食事をすると、空腹状態を覚えているカラダが次回の空腹状態に備えて栄養を蓄積しようとします。その結果として皮下脂肪が蓄積されやすい体質になってしまうのです。規則正しく適量の食事を一日三回摂ることが大変重要です。

 

早食いはいけません! 

 

また、食事をする際に、早食いになってはいないでしょうか。食事はできるだけゆっくりと、そしてよく嚙んで食べましょう。満腹感というものは、食べた後、血糖値が上がることを脳が知覚することによって、満腹感の感情が発生するのです。この満腹中枢が刺激されるまでには、食後、血糖値が上昇してから約15-20分かかると言われています。そのため、早食いの人は満腹感が得られる前に、もっと食べてしまう場合があるのです。

 

 

糖尿病にならないためにも糖尿病を悪化させないためにも、食事は規則正しく、ゆっくりと嚙んで食べましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/07/18-338561.php?category=247)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

HbA1cに関する記事

HbA1cを下げるために!運動のポイントについて

  HbA1cは糖尿病の有無を調べる上で非常に重要な値の一つで、この値は健...

HbA1cは急激に下げると危険?血糖の状態を表す数値の1つHbA1cについて

  HbA1cという名称を聞いたことがあるでしょうか。これは、ヘモグロビン...


腎臓病の方はHbA1cの偽低値を引き起こすかも!?

  年を取ると体も当然衰えてくることから1つだけではなく複数の病気や生活習慣病...

HbA1c値が高いことで起こる症状や疾患の危険について知っていますか?【前編】

  HbA1cという文字を見たことはありますか? 人間ドックや健康診断な...

カラダノートひろば

HbA1cの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る