カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 糖代謝 >
  5. HbA1c >
  6. HbA1cを下げるために!運動のポイントについて

健康診断・健康管理

HbA1cを下げるために!運動のポイントについて

 

HbA1cは糖尿病の有無を調べる上で非常に重要な値の一つで、この値は健康診断の血液検査などで調べることが可能です。そのため、HbA1cの値が高いと糖尿病の疑いが強くなるので、早急な治療が必要となります。一般的に糖尿病に対する治療方法には大きくわけて、食事・投薬・運動があります。ここでは、その中でも運動という部分についてスポットを当てて、糖尿病治療のための運動のポイント、運動によってHbA1cを下げる方法について見ていきましょう。

 

 

糖尿病とHbA1cの関係

 

糖尿病は、インスリンと呼ばれるすい臓から出るホルモンが正常に出なくなることで、糖分をエネルギーに変えられないという病気です。その結果として、血液中に糖分が多い場合、血液検査をするとHbA1cは高い値が出ます。そして、HbA1cの値が6.1%以上であると糖尿病であると診断されます。

 

HbA1cを下げるための運動のポイント

 

HbA1cを下げるためには、運動をすることはとても重要です。血中内の糖分を強制的に筋肉がエネルギーとして取り込んでくれるので、血糖値が下がります。特に、食後一時間以内にエネルギーを消費することが重要なので、食後に運動をするとエネルギーとして糖分が消費されるため、食後の血糖値の上昇を抑えることができます、

 

 

HbA1cを下げるための運動は、継続した有酸素運動が良いとされていて、筋トレそのものにはあまり効果がないとういう意見もあります。

しかし、筋トレも場合によってはHbA1cを下げる効果があります。筋肉量はあればあるほど、使用時に大量のエネルギーを必要とします。そのため、筋トレを通じて、筋肉をつけることで、HbA1cの値を下げやすい体になることにもつながるのです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/07/22-338731.php?category=247)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

HbA1cに関する記事

HbA1c の値を下げるには早食いはだめ!糖尿病にならないために

  HbA1cは、血糖状態を調べる上で非常に重要な検査項目の一つで、健康診...

HbA1cの値が徐々に高くなっていたら危険信号!糖尿病とHbA1cの関係とは

  糖尿病は日本人の生活習慣病の一つともいえ、40代の約1割がかかるといわ...


寝過ぎはHbA1cが高くなる?!長時間睡眠と糖尿病との気になる関係

  寝過ぎてしまい起きてからも体が重だるい、頭が痛い、ぼーっとする…などと...

魚は良い?魚介類は注意?コレステロールの改善に有効な魚介類とは?

  コレステロールの改善には、魚が良いと言われています。中には「海の物が良...

カラダノートひろば

HbA1cの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る