カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 海外旅行準備 >
  4. 時差ボケが原因で不眠症に!?不眠症を防ぐための方法

健康診断・健康管理

時差ボケが原因で不眠症に!?不眠症を防ぐための方法

海外旅行に行くと、日本に帰ってきてから時差ボケに悩まされたりします。

時差ボケと眠りについてです。

 

●時差ボケとは

日本が昼間でもブラジルは夜、ヨーロッパは朝を迎えるといったように世界中の国々に時差があります。

アジア圏ではそれほど大きな時差はありませんが、アメリカ大陸の場合は10時間くらいの時差があることも珍しくはありません。

日本からアメリカに行くと時間が巻き戻ったように感じますが、実際には普通に時間は流れています。

 

日本に帰れば日本時間となるので、一気に時間が経ったような気もします。このような時差によって起きる不調が時差ボケです。

体の中のリズムが急に乱れることから、集中力が低下、胃腸障害を一時的に引き起こすこともあります。

 

●時差ボケと不眠

時差ボケの症状のひとつが睡眠障害です。

旅行をしている間は昼と夜が逆になり、帰ってくれば旅行の時とまた逆になります。急激な変化に体がついていけなくなり、睡眠障害を起こします。

 

●時差ボケを防ぐ

時差ボケを防ぐポイントもあります。

まず、時差ボケは1週間程度で自然に治まる場合がほとんどなので、あまり気に病まないのが一番です。

そして、旅行から帰るときは飛行機の中ですでに日本時間のような睡眠習慣に戻すとよいです。

 

空港で時計を日本時間に合わせて、それに基づいて眠る・眠らないを決めると時差ボケになりにくいです。

日本時間が昼間ならこちらが夜でも眠らない、日本時間が夜ならこちらが昼でも眠るといった感じにすると良いでしょう。

 (Photo by:足成)

著者: ゆりりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

海外旅行準備に関する記事

ヒトに感染する新種のウイルス、コロナウイルスについて知り感染予防しよう!

ニュースなどでも取り上げられた、新種のコロナウイルス(nCoV)のヒトへの感染...

人気のタピオカデザート!でも海外旅行では注意が必要のワケ

  フィリピンでは『キャッサバ』摂取で29人の死亡例   2005年に...


困った!インスリンの紛失…海外旅行先でのインスリン現地調達方法とは?

  糖尿病患者の方でももちろん海外旅行を楽しまれる方はきっと多いことでしょ...

アフリカで失明しないために!~オコンセルカ症~

    海外でも健康に過ごすために、厚生労働省検疫所から注意した方が良い病気...

カラダノートひろば

海外旅行準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る