カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 運動で暁現象を防ごう!~空腹時血糖値を下げるために~

生活習慣病

運動で暁現象を防ごう!~空腹時血糖値を下げるために~

空腹時血糖値とは、起床後の空腹時の血糖値を指します。空腹時血糖値が高いということは、食後血糖値のそれと異なり、食事によって上昇するわけではありません。空腹時で血糖値を上げる要因がないにもかかわらず、空腹時であっても血糖値が下がらないという状態を指します。

 

空腹時血糖値は正常値が100未満で、126以上あると糖尿病の疑いがあります。

 

空腹時血糖値のコントロールの難しさ 

一般的に空腹時血糖値のほうが、食後血糖値よりも下げることが難しいと言われています。どうしてかというと、暁現象という問題があるからです。

 

暁現象とは就寝中に血糖値が上がってしまうという現象です。インスリンの分泌が少ない糖尿病患者の場合は、就寝中であっても血糖値が下がりにくい傾向にあります。

 

暁現象は就寝中に起こることなので、自分自身でコントロールできないことから、空腹時血糖値を下げることが最も難しいとされているのです。

 

空腹時血糖値を下げるポイント - 運動しよう!

それでは、空腹時血糖値を下げるためにはどのような方法があるでしょうか。まずは食後の血糖値の上昇を抑える、または食後血糖値を高いままにしておかないことが非常に重要です。

 

他の血糖値を下げる方法と同様に、食後の運動は一つの有効な対処方法です。場合によっては、食後の30分程度のウォーキングであっても、血糖値をおおよそ50mg/dl程度下げる効果がありますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

 

ウォーキングでなくとも、踏み台昇降などを行っても同様の効果が得られるでしょう。ポイントとしては、汗がじわっと出るぐらいの運動をすることです。運動をすることで、筋肉が血液中の糖分をエネルギーとして取るので血糖値が下がるのです。

 

こうした運動を通じて、食後も空腹時も血糖値を下げていきましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ますます増加の糖尿病患者数~世界の糖尿病死亡率ランキング

    糖尿病患者数は年々増え続け、2型糖尿病については、すべての国で増加傾...

何だか憂うつ、眠れない~糖尿病とうつ病

    ◆糖尿病患者はうつ病になりやすい   糖尿病になると、うつ病にな...


糖尿病の予防にはダイエット?肥満度をチェックしよう!肥満と糖尿病の関係、BMIについて

肥満は糖尿病を引き起こすとされています。それだけに注意も必要です。肥満と糖尿...

糖尿病には玄米食がいい?食後の血糖値を上げ過ぎないために

      糖尿病には幾つかの種類があります。それは、1型糖尿病、2型糖尿病、妊...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る