カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. コレステロールの値が高いことが問題である理由

生活習慣病

コレステロールの値が高いことが問題である理由

 

体重やBMIは低いけれど、コレステロールが高いことを悩んでいる人は多いのではないでしょうか。コレステロールの値について、高いとどのような影響があるのか、ここではみていきましょう。

 

 

高コレステロールのリスク

 

コレステロールの値が高いと、動脈硬化のリスクが高くなります。動脈硬化はその名の通り、動脈が硬くなってしまう状態を指します。その結果、血管が本来もつ柔軟さが失われ、血液をうまく送り出しにくくなってしまい、結果として心臓に負担をかけてしまうこととなります。

 

 

動脈硬化へ

 

動脈硬化は、傷がついた血管の修復過程でコレステロールが血管壁に蓄積されていくことで症状が進行していくと言われています。そのため、コレステロールは動脈硬化の因子と呼ばれているのです。

 

血管がつまる 

 

動脈硬化が進むと、血管の内側がもろくなります。その結果、コレステロールなどがかたまってできる粥腫(じゅくしゅ)というコブができてしまうことで、血管内がせまくなります。さらに、粥腫が離れてしまうと、血液中を移動して細い血管を詰まらせてしまう可能性があります。

 

血管がつまることで、組織や臓器が正しく機能しなくなるだけではなく、最終的には壊死してしまいます。

 

心臓疾患へ

 

コレステロール値が高いほど、動脈硬化症のリスクが高まります。そして、この症状がさらに進行すると、心臓に大きな負担がかかり、心不全や心肥大などの心臓疾患につながります。また、血管が狭くなったり破れたりすることで、狭心症や脳梗塞、クモ膜下出血などの危険もあります。

 

 

BMIが低かったとしてもコレステロールが高い場合は、動脈硬化のリスクがありますので、コレステロール値を低く抑える努力をしていきましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/09/08-369516.php?category=17)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

下半身太りの原因であるむくみを解消しよう!

下半身太りの原因としてみなさんはセルライトなどの脂肪だと考える人が多いのでは...

痩せてても太っていても関係ない!~コレステロール値の標準値~

  見た目も太っていないしBMIも低いけど、コレステロール値が高い…そんな...


普通の肥満よりたちが悪いサルコペニア肥満!この肥満を起こす疾患にはなにがある?

  肥満というと、体脂肪が増えるイメージの方が大きいと思います。しかしそれは肥...

あなたは大丈夫?見た目では分からないから、まずはサルコペニア肥満かどうかをチェックしよう!

  あなたは肥満でしょうか。体重が標準の人やそれよりも少ない人、体型が細身の人...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る