カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 痩せてても太っていても関係ない!~コレステロール値の標準値~

生活習慣病

痩せてても太っていても関係ない!~コレステロール値の標準値~

 

見た目も太っていないしBMIも低いけど、コレステロール値が高い…そんな人はいないでしょうか。太っていても、痩せているとしても、コレステロール値が高いのには問題があります。健康診断でコレステロール値が高かった人は、体型に関係なく注意が必要です。

 

 

コレステロールの基準値をしっかり理解しよう

 

コレステロールの基準値について、しっかり理解することが重要です。コレステロール値を測るときは、3種類の値を調べます。これら3つの標準値が以下の通りです。

 

総コレステロール:220未満

善玉コレステロール:40以上

悪玉コレステロール:140未満

 

この標準値を超えてしまう場合は、血液内の脂肪量が多いということなので様々な疾病リスクが出てきます。

 

コレステロール値が高い原因とは? 

 

コレステロールが高い理由は主に、日々の食習慣・生活習慣が理由だといわれでいます。偏った食生活や暴飲暴食、運動不足など、生活の乱れが大きな原因です。

また、遺伝的な要素もあるようです。コレステロール値が高い人の原因の約15%は、体質や遺伝であると言われています。

両親のどちらかが、高脂血症を発症していないでしょうか。その場合は、遺伝的要因により、高コレステロールになる可能性が高くなるので注意が必要です。

 

健康的な生活を送るために 

 

コレステロール値が高い場合、それが生活習慣によるものであっても、遺伝によるものであっても、食生活の改善や運動を行っていくことが必要です。そのため、日常的に野菜や海藻を多く取り入れた食生活を送り、日々継続した運動を行うことが大切です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/02/06-356722.php?category=20)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

メタボに立ちはだかる腹囲!メタボ解消に減らすのは腹囲の脂肪だけでいいの?

  メタボリックシンドロームの診断には、大きな壁として「腹囲」が立ちはだかりま...

「エネルギーをためる脂肪細胞」と「エネルギーを消費する脂肪細胞」について

人間の体には、エネルギーをためる脂肪細胞と消費する脂肪細胞があります。このエ...


女性に増えている「痩せているのにメタボ」って?

  メタボという言葉は、イコール腹囲が太いという意味でしばしば使われているようで...

パセリには生活習慣病を防ぐ&改善する効果が!フラボノイド系色素「クロロフィル」について

   パセリは小さいながらビタミンやミネラル、フラボノイド系色素などを多く含ん...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る