カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 黒ウーロン茶とコーヒーで中性脂肪対策!

生活習慣病

黒ウーロン茶とコーヒーで中性脂肪対策!

 

中性脂肪量が血液中に増えてしまうと、血液がドロドロになり血液の流れが悪くなります。血液には、酸素や栄養分をカラダの隅々まで送り届ける役目がありますが、中性脂肪が高いとこの役目が果たしづらくなってしまうのです。中性脂肪を下げる飲み物にはいくつかありますが、ここでは黒ウーロン茶コーヒーについて見て行きましょう。

 

 

黒ウーロン茶の効用

 

黒ウーロン茶にはウーロン茶重合ポリフェノールが含まれており、これが中性脂肪値の上昇を抑えるという効果があることがわかっています。黒ウーロン茶が黒いのはこのウーロン茶重合ポリフェノールを多く含んでいるからなのです。この成分には脂肪の吸収を抑制するだけではなく、余分な脂肪の一部を体外に排出するという効果もあるといわれています。

 

コーヒーの効用 

 

コーヒーもまた、中性脂肪を下げる身近な飲料として大変有効です。体内の脂肪燃焼には、ミトコンドリアと呼ばれる筋肉・肝臓の細胞内の燃焼器官が深く関わっています。コーヒーに含まれるコーヒークロロゲン酸は、このミトコンドリアに働きかけることで脂肪の燃焼を効率化できるのです。

 

コーヒーを飲む際の注意点

 

中性脂肪を下げるためのコーヒーの飲み方には、2つ注意する点があります。1つ目は、コーヒーはブラックかつホットで飲むことです。アイスコーヒーや砂糖を入れてしまうと、有効成分が半分程度しか吸収されなくなってしまいます。2つ目は、沸騰したお湯でコーヒーを作らないことです。コーヒーを作る際には、80-90度ぐらいで作りましょう。これ以上の温度だと、クロロゲン酸が破壊されてしまいます。

 

 

黒ウーロン茶やコーヒーのように、身近にある飲料を飲んで中性脂肪を下げる努力をしてみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/08/22-381056.php?category=432)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

メタボが心配だって肉が好き、油が好き…調理の工夫次第ではカロリーを抑えて食べられる!

  メタボリックシンドロームの予防としては、カロリーの高い食べ物を徹底的に避け...

手軽に始められる「ギムネマ茶」 糖や脂肪の吸収を阻害し、甘さを感じさせなくするお茶です

  最近お腹周りの脂肪がついてきて、メタボリックシンドロームが気になるから、何...


えっホントに!?日本食がメタボ予防になる!

  日本は長寿の国として有名です。世界的に見て平均寿命が長く、なかには100歳...

メタボにはじゃがいもが効く!オススメのレシピ「じゃがいものクリームグラタン」

【レシピ】じゃがいものクリームグラタン   最近は、じゃがいもに含まれる「オ...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る