カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 中性脂肪を下げるサプリの成分を確認しよう!

生活習慣病

中性脂肪を下げるサプリの成分を確認しよう!

 

中性脂肪の数値は、定期的な健康診断の中で血液検査によって確認することが多いと思います。。中性脂肪の値が高いと言われた場合、食事や運動はもちろんですが、それ以外で何か他にできることはないでしょうか。

 

 

中性脂肪を下げるには? 

 

一定量の中性脂肪はカラダにとって重要な働きがありますが、過度の中性脂肪は肥満の原因であるばかりではなく、動脈硬化など様々な病気の原因となるので注意が必要です。中性脂肪を下げるための方法として、サプリメントも一つの手法です。アメリカにおける研究結果によれば、サプリメントを用いて中性脂肪の値を下げることができるという調査結果も出ています。

 

中性脂肪を下げるためのEPAとDHA

 

中性脂肪を下げることを目的としたサプリメントには、主に以下の2つの成分が含まれていることが多いようです。

 

エイコサペンタエン酸(EPA)

ドコサヘキサエン酸(DHA)

 

EPAもDHAも、アジやマグロイワシなどの青魚に多く含まれる成分です。これらの成分は中性脂肪を減少させるほか、血液をサラサラにすることで心筋梗塞や脳卒中といった命の危険がある病気を防ぐという効果もあります。さらに、血管をやわらかく保つ効果があるので、動脈硬化を防ぐ上では有効な成分であると考えられています。

 

サプリメントを選ぶ際の注意点

 

EPAやDHAを含むサプリメントを選ぶ際には、一日に必要な量が十分に含まれているかどうかがポイントとなります。中性脂肪を減らす効果のあるEPAとDHAは両方合わせて、1日あたりおおよそ400mgは必要とされていますので、サプリメントを選ぶ際に、成分表示をしっかり見て、一日に必要な量の成分が含まれているか確認すると良いでしょう。あまり少ない量だと効果が出にくい、または全くでない可能性もありますので、注意が必要です。

 

自分にあったサプリメントを見つけて中性脂肪を下げて行きましょう!

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/05/21-362099.php?category=212)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

LH比が大きいと動脈硬化になりやすい?!コレステロール値について

    LH比とは、血管のLDLコレステロールとHDLコレステロールの関係の...

アスタキサンチンによるコレステロール対策をしよう!

  歳を重ねるにつれ、コレステロールを下げたいと強く願う人は大変多いのでは...


トクホ(特定保健用食品)の飲み物でコレステロールを下げよう

  健康診断でコレステロールの値が高い場合、口にする食べ物・飲み物について...

高脂血症は動脈硬化を生む!早期のコントロールが大切です!

    高脂血症、特に高コレステロール血症は、粥状動脈硬化の発生とその病態の悪...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る