カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 生活改善 >
  5. 快眠のための食生活、どうすればいい?就寝2時間前までに食事は終了しておこう

不眠・睡眠障害

快眠のための食生活、どうすればいい?就寝2時間前までに食事は終了しておこう

 

眠りと同じように生活を支えているのが食事です。
就寝前の食事について見ていきます。


●消化吸収と副交感神経


眠るときには、リラックスの神経とも呼ばれる副交感神経が優位になっていることが望ましいです。
消化吸収は自律神経系のうち副交感神経が優位になる活動ですので、ある意味では眠りとは相性がよいといえます。
ですがいくつかの理由から、眠る直前に食べ物を食べるのはおすすめしません


●消化吸収が与える影響


なぜ、眠る前に食べ物を食べるのをおすすめしないかというと、1つは『睡眠中の体に負担を与える』からです。
睡眠中、副交感神経は消化吸収のためにも使えますが、本来寝ている間は体の機能を回復する栄養を全身に回すという役割があります。
消化吸収が、眠りの本来の役割を邪魔する可能性も高いです。
そしてもう1つは、消化吸収は体温を上げる働きがあるという点です。
消化吸収のための酵素によって、内臓が活発化し体温が上がります。
眠るときは、皮膚体温は高くても深部体温は低くなるのが適切です。
消化吸収によって深部体温が上がるので、眠りにはよくありません。


●就寝2時間前までに食事を終了させる


以上のことから、就寝2時間前までに食事を終わらせておくのが適切と考えられます。
就寝2時間前までであれば、消化吸収をしても眠りに与える影響が低いからです。
お腹が空いて眠れないと感じたら、消化によいものを少量食べたりしてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/12/24-374414.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活改善に関する記事

あなたの生活習慣をチェック!睡眠を妨げる原因になる、色々な生活習慣☆チェックシート付き☆

ストレスが不眠症の原因になるというのは、聞いたことがあるかもしれませんが、生活...

冬の寒さで寝付きが悪い?ちょっとした一手間でぐっすり!

         冬が深まるにつれ、寒い日々は多く、さらに寒さも酷くなってい...


羊を数えると眠れるって本当?実験では効果○?×?

 眠れない時には羊を数えてみるといい、という話を子どものころに一度は聞いたこと...

騒音で起こる不眠症の2つの対処法!騒音を超える音を聴いてリラックス!?

眠りたいのに騒音が気になって眠れない…そんなときのための対策をいくつか紹介しま...

カラダノートひろば

生活改善の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る