カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 運動療法 >
  5. 有酸素運動をして中性脂肪を減らそう!

生活習慣病

有酸素運動をして中性脂肪を減らそう!

 

中性脂肪は、体内に存在する脂肪酸のうちグリセリンエステルを指します。なぜ中性脂肪というのかというと、脂肪酸とグリセリンが結合して中性を示すためです。中性脂肪は、メタボリックシンドロームの診断基準として取り入れられています。

 

 

中性脂肪のリスクと治療法 

 

C型肝炎ウィルスは肝臓がんや肝硬変の原因となるウィルスであり、細胞内の中性脂肪を利用して増殖すると言われています。また、高脂血症(脂質異常症)の恐れもあり、注意が必要です。

 

中性脂肪を減らす上で重要になってくるのが運動療法です。確かに、食事療法や投薬などによって減らすことも可能ですが、運動療法を組み合わせることで効果が上がります。

 

中性脂肪を下げるための運動療法では、有酸素運動と無酸素運動をバランス良く行うことが重要ですが、ここでは中性脂肪を下げるための有酸素運動について詳しく見ていきましょう。

 

有酸素運動とは

 

有酸素運動は、有酸素系から多くのエネルギーを取り出すことによって行う運動で、心肺機能や酸素の摂取能力を改善する効果があります。また有酸素運動には、他にも冠動脈疾患のリスクを減らすという効果もあります。安静時の血圧を低下させることができるだけではなく、血液中の悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させ、体脂肪を減少させることが可能です。

 

有酸素運動には具体的に以下のような運動があります。

 

・ウォーキング

・ジョギング

・サイクリング

・エアロビクスダンス

・水泳

・アクアビクス

 

有酸素運動を用いて中性脂肪を減らしていくということは、様々な病気を予防することに繋がります。

中性脂肪を減らす上での有酸素運動はおおよそ30分程度行うのが目安です。若干汗ばむ程度が良いでしょう。 

 

 (Photo by: //www.ashinari.com/2012/09/04-369393.php?category=17)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

運動療法に関する記事

ワーキングが良い?高脂血症に対する運動療法について

  高脂血症になると動脈硬化を引き起こし、放置すれば脳梗塞や狭心症といった...

コレステロールが高めの方、必見!!効果的なウォーキングの方法

LDL(悪玉)コレステロールが高目と診断されたら・・・まずは食事療法です。普段...


1週間の運動量はメッツ×時間で計算?高脂血症の運動療法とは

  厚生労働省では、「エクササイズガイド2006」を策定し、一週間にどのく...

体内の脂肪を燃焼させる有酸素運動が大切!高脂血症の運動療法

  高脂血症の運動は、十分に代謝できなくなっている体内の脂肪を燃焼させて減...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る