カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 脂質代謝 >
  5. 中性脂肪 >
  6. 中性脂肪を下げるための運動のポイント!

健康診断・健康管理

中性脂肪を下げるための運動のポイント!

 

中性脂肪の値が基準値よりも増えてしまうと、様々な形でカラダに悪影響を及ぼします。特に、血液の粘度が増してしまい血管が硬くなる、いわゆる動脈硬化が発生する可能性があります。さらには、心筋梗塞や脳卒中のような、命の危険のリスクのある病気にまで発展する恐れがあります。そのため、定期的な健康診断では、コレステロール値などと合わせて、中性脂肪の値も測定することになっているのです。

 

 

中性脂肪を下げるために行う運動の必要性

 

中性脂肪を下げるために、運動を行うことは大変重要です。特に、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた運動が非常に重要です。なぜ両方の運動が必要なのでしょうか。酸素を使って脂肪を含むエネルギーを消費する上で重要であるため、有酸素運動だけでも良いと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、有酸素運動に対して適度な無酸素運動を取り入れることで、2つの効果があるとされています。一つは血管を強くするということ、そしてもう一つは、脳梗塞や心筋梗塞の原因である血栓の発生を防ぐという効果があるという研究結果があります。

 

有酸素・無酸素運動のポイント

 

有酸素運動ではやはりウォーキングを30分程度、毎日行うことが非常に重要です。一駅離れたところで下車して、そこから通勤するなどの工夫をしてウォーキングをする機会を見つけましょう。他には水泳やサイクリングなどを行うのも良いでしょう。また、無酸素運動については、軽度でよいので筋力トレーニングをとりいれましょう。

 

 

以上のように、有酸素・無酸素運動を取り入れることで、中性脂肪の量をより効果的に下げることができます。もし以上の運動でも難しい場合は自宅でストレッチをするのもお勧めです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/02/22-357982.php?category=20)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

中性脂肪に関する記事

もしかすると中性脂肪?!中性脂肪の危険度セルフチェックシートで当てはまる方は注意!

  なんだかお腹がブヨブヨしている・・・気がつけば、毎晩晩酌をしている・・...

中性脂肪対策のために!食べ過ぎてはいけないもの

血液中に基準値を超えた中性脂肪があると、動脈硬化のリスクを高めてしまう原因と...


中性脂肪って普通の脂肪と何が違うの?正しい中性脂肪値は?

  CMでもおなじみの中性脂肪という言葉は、名前の通りに脂肪のひとつです。 です...

継続しないと意味がない!知っておくべき中性脂肪の予防対策とは?

    中性脂肪でお悩みの男性・女性は数多く存在するかと思います。 中性脂...

カラダノートひろば

中性脂肪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る