カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. コレステロールを下げるためには海藻を食べよう!

生活習慣病

コレステロールを下げるためには海藻を食べよう!

 

コレステロールの値を下げる上で、海藻は非常に有用な食材です。できるだけ毎日摂取したほうが良いでしょう。

ここでは海藻について詳しく見ていきましょう。

 

 

海藻とコレステロール

 

昆布やわかめには、沢山の食物繊維が含まれています。これら海藻に含まれる食物繊維はアルギン酸といわれ、腸内のコレステロールを体外に排出する働きがあるといわれています。また、海藻はカロリーが低いので、ダイエットにも効果的です。海藻に含まれる食物繊維の割合は野菜よりも高いので、少ない量で効率よく食物繊維を摂取することができます。

海藻には以下の種類があり、どれも高コレステロール対策として大変有効です。

 

緑藻類

緑藻類に属する海藻は、葉緑素が含まれていてきれいな緑色をしているという特長があります。代表的なものには、あおさ・あおのりなどがあります。これらの海藻には鉄分・アルミニウム・マグネシウムなどが多く含まれています。

 

藻類

赤みがかった海藻は、この分類に属します。赤みがかっているのはフィコエリトリンという赤色色素が原因で、代表的なものとしてあまのり・てんぐさがあります。含まれているミネラルの量はそれほど多くないものの、ビタミンA・B・Cが豊富なのが特徴です。

 

褐藻類

葉緑素に加え、フコキサンチンという褐色の色素を有した海藻を褐藻類といいます。アルギン酸を豊富に含んでいるため、血中コレステロールを低下させる上で効果的です。具体的には、こんぶ・ひじき・わかめ・もずくなどがあります。

 

 

海藻はコレステロールを下げる上でも、健康のためにも有用な食材です。食事を通じて、きちんとコレステロールの値をしっかりコントロールしていきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/07/18-380369.php?category=17)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

総コレステロールを下げる効果あり?!大豆やオリーブオイルについて

  総コレステロールとは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの合計値で...

LH比を改善させるには食事でLDHコレステロールを少なくする必要がある!

    LH比とはLDLコレステロール÷HDLコレステロールの式で算出される...


高脂血症を防ぐ食事の基本とは?~生活習慣病の食事療法~

    高脂血症は食事で防ぐことができます。今回は高脂血症を防ぐ食事の基本を...

肥満の原因!脂質異常症の食事療法のコツ

        肥満は脂質異常症となる原因の一つとされています。肥満による脂...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る