カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. アスタキサンチンによるコレステロール対策をしよう!

生活習慣病

アスタキサンチンによるコレステロール対策をしよう!

 

歳を重ねるにつれ、コレステロールを下げたいと強く願う人は大変多いのではないでしょうか。ここではサプリメントを用いて、より効果的に総コレステロールを下げていくことを考えて見ましょう。

総コレステロールを低下させるサプリメントには様々なものがありますが、ここではアスタキサンチンという成分を含んだサプリメントに注目してみましょう。

 

 

アスタキサンチンとは? 

 

アスタキサンチンとは色素物質に分類され、仲間にはβカロチンやリコピンがあり、カロテノイドの一種です。アスタキサンチンは加熱すると赤くなり、蟹や海老を過熱すると赤くなるのは、このアスタキサンチンによるものです。

 

アスタキサンチンのもつ抗酸化力

 

アスタキサンチンの特徴は、その抗酸化力にあります。アスタキサンチンが体内に摂取されると、血流に乗って全身に運ばれ、その強力な抗酸化力の作用によって、血液の中に含まれる悪玉コレステロールを抑制し、善玉コレステロールを増やすという働きがあります。

 

アスタキサンチンは鮭や海老などのシーフードに含まれています。油にも溶けやすいという分子構造上の特徴があり、シーフードとカロチノイド系の緑黄色野菜を合わせて食べると、この効果がさらに増加すると言われています。

 

アスタキサンチンの様々な効用 

 

このようにアスタキサンチンには、脂質過酸化反応からカラダを守るという効果のほか、紫外線からもカラダを守る効果があり、光障害から目を保護するという役割も発見されています。

 

 

シーフードやサプリメントを通じてアスタキサンチンを摂取することは、コレステロール値改善の手助けになるかもしません。興味がある方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/09/30-382682.php?category=14)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

エイコサペンタエン酸をとって中性脂肪を下げる!

  中性脂肪の増加は動脈硬化の原因ともなり、脳卒中や心筋梗塞など命に関わる...

ドコサヘキサエン酸で中性脂肪を減らそう!

  中性脂肪を下げる効果を持つサプリメントが販売されていますが、具体的にど...


「コレステロールが高めの方」用に特定保健用食品として認められている成分とは?

    近年生活習慣病の原因の1つとして、高脂血症が問題視されています。その...

高脂血症には分類があるけどどう違うの?~コレステロールと中性脂肪~

  高脂血症には4つの分類があります。高脂血症についてはよく聞くと思います...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る