カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 脂質代謝 >
  5. コレステロール >
  6. コレステロール値改善のための運動療法はどんなことをすればいいの?

健康診断・健康管理

コレステロール値改善のための運動療法はどんなことをすればいいの?

 

コレステロールの値が高くなると、動脈硬化などの原因となります。コレステロールの値を低くする上で、運動療法が勧められます。運動療法を上手に行うにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

運動療法について

 

まず運動強度ですが、おおよそ最大酸素摂取量の50%程度を目安にすると良いでしょう。量と頻度に関して言えば、1日30分以上で、週180分以上、できれば毎日行うことが望ましいといえます。

 

具体的な運動ですが、以下のようなものを試してみてはいかがでしょうか。

 

ジョギング

ジョギングは、1週間でおおよそ20kmぐらいを目安に走れると良いでしょう。毎日ですと、一日3km程度でこの目標を達成することができます。

 

体操

体操を行う場合は、やはりNHKのラジオ体操やテレビの体操が最も適しているといえるでしょう。毎日放送されているので、習慣化しやすく、また、腰痛もちの人は椅子に座るなどして、負担を軽減して行いましょう。

 

テニス

激しくボールを打ち返すよりも、スピードのゆるいボールを打ち合うことや、壁打ちを行うと非常に効果的です。

 

スイミング

スイミングは全身を動かす運動なので、消費エネルギーも多く効果的に運動ができます。泳ぐのが難しい人は水中ウォーキングを行うと良いでしょう。

 

 

コレステロール値の高い人は、運動を行うことで動脈硬化などを防ぐことにもつながりますので、ぜひ積極的に運動をしていきましょう。小さい頃や学生時代に行っていた運動などを試してみるのも良いでしょう。いままで運動をあまりしてこなかった運動が苦手な人は、例えば踏み台昇降など家でできる軽度の運動を行ってみましょう。

 

 (Photo by: //www.ashinari.com/2009/08/21-026785.php?category=19)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

コレステロールに関する記事

悪玉と善玉コレステロールの比率‘LH比’を改善するための方法まとめ

  LH比とは「LDLコレステロール値(悪玉コレステロール)÷HDLコレステロー...

コレステロール値を正常にするには〇〇機能を高めるのが必須です!

  40歳を超えるとそろそろ生活習慣病への注意もしなければと感じる方は男女を問...


コレステロール対策には“トクホ”!コレステロールを下げるトクホ商品って?

  近年テレビのコマーシャルなどで耳にする“トクホ”という言葉がありますが...

コレステロールを撃退するにはまず食事の改善から!緑黄色野菜の効能を知ろう

  緑黄色野菜はβ−カロテン、ビタミンCが豊富な野菜です。抗酸化作用だけで...

カラダノートひろば

コレステロールの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る