カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. 血小板数 >
  6. 骨髄機能に問題あり?血小板が増える理由とは

健康診断・健康管理

骨髄機能に問題あり?血小板が増える理由とは

 

健康診断の検査結果でよく目にする血小板の値。血小板とはなんなのか、またこの数値で分かることについて詳しく見ていきましょう。

 

血小板とは

 

血小板とは、血液成分の一つで止血作用を有する極めて重要な成分の一つです。直径はおおよそ1-3μmで、骨髄内にある巨核球という母細胞の一部である細胞質がちぎれて血液中に出現したものです。血小板の寿命はおおよそ10日程度と言われており、通常血液1 mm³あたり、15-30万個程度存在します。

 

血小板が止血作用をもつ理由 

 

どうして血小板が止血作用を有しているかというと、血小板の細胞膜は、血管以外の異物と粘着しやすい性質を持っているからです。血小板細胞内に含まれている化学物質が放出されると、血小板同士が互いに凝集するという性質もあるため、血管が破れて出血してしまうとその部分に対して血小板が集まり、血管以外の部分と粘着します。そして、血小板同士も凝集することで、やぶれた部分に栓をしてくれるのです。

 

骨髄に問題がある場合

 

血小板は多すぎても問題ですが、具体的にどのような場合に血小板の数値が多くなるのでしょうか。その原因に骨髄と貧血の問題が考えられます。

 

骨髄機能自体に問題があると、血小板の数が基準値を超えて増えてしまいます。特に慢性骨髄性白血病の場合は、造血幹細胞の遺伝子が後天的に変化してしまうことによって、血小板が異常なほど増加します。そのため、急激な血小板の上昇などがある場合は、できるだけ早く病院で精密検査を受けることをおすすめします。

 

貧血が原因の場合

 

貧血の場合、酸素を運ぶ鉄分が不足しているために、体は酸欠状態にあるといえます。この酸欠状態において、腎臓からエリスロポエチンと呼ばれる造血因子がたくさん作られ、赤血球を大量に作ろうとします。しかし、赤血球を作るためには鉄分が必要ですが、鉄分がないので代わりに血小板を作ってしまうのです。

 

 

以上のように、血小板はカラダにとっては止血作用という大事な働きをする一方、多すぎる場合は命にもかかわる病気のサインの場合もあります。

 

 (Photo by: //www.ashinari.com/2009/01/13-012683.php?category=19)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血小板数に関する記事

鼻血が出やすい!?検査でわかる血小板減少…背後に隠れる病気とは

  血小板が人より少ないと、血がなかなか固まらないので出血しやすいです。 小...

血小板は多くても、少なくても病気の疑いが!血小板数と関わりのある病気

  血小板は血が流れ出るのを止める役割を担っている血球です。血小板が多くな...


血小板を人工的に作る?iPS細胞を用いた血小板作成の利点

血小板は血管が傷つき出血した場合に、傷口に集まり、固まることで止血する大変重要...

急性白血病や骨髄線維症の可能性も?本態性血小板血症とは?

  止血作用のある血小板ですが、血小板の値が多すぎても問題があります。血小...

カラダノートひろば

血小板数の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る