カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. 血小板数 >
  6. 血小板が多くて血液がドロドロ…サラサラ血液にする食品を食べよう!

健康診断・健康管理

血小板が多くて血液がドロドロ…サラサラ血液にする食品を食べよう!

 

血小板が多いと凝固作用が強くなり、血液がドロドロになってしまいます。ドロドロの血液はさまざまな悪影響を体に及ぼすので、血液をサラサラに改善していくことが必要になります。血液の凝固作用を下げて、ドロドロ血液を解消するためには、食習慣の改善をすることが大切です。以下に、血液をサラサラにする効果のある食品をまとめてみました。

 

 

サラサラ血液にする食品を食べよう

 

梅肉エキス

梅肉にはムメフラールという成分が含まれており、血小板の凝集を抑える効果があります。

 

納豆

納豆にはナットウキナーゼという成分があり、これも血小板のもつ凝集作用を抑制する効果があるのです。

 

緑茶

緑茶に含まれる渋み成分であるカテキンには抗酸化作用があり、これによって、血液をドロドロにしている活性酸素を退治するという効果が期待できます。

 

タマネギ

タマネギには、香り成分の中に血小板の凝集作用を抑制する成分があります。他にも血液中の中性脂肪を減らす辛み成分も含まれていることから、血液をサラサラにするためにはうってつけの食品といえます。

 

 

酢にはクエン酸が豊富に含まれており、クエン酸が血液中の老廃物を排出する効果を発揮します。酢の中でも米酢・黒酢が血液をサラサラにする上で非常に効果的であると言われています。

 

キノコ類

キノコ類には、βグルカンという多糖体が豊富に含まれています。また、しいたけにはエリタデニンというアミノ酸が含まれており、これも血小板による過度の凝固機能を抑える効果が期待されています。

 

 

血小板が必要以上に多いと、その分血液を凝固する機能もまた必要以上に高まってしまうため、血液がドロドロになります。血液をサラサラにする食品をとって、できるだけ血小板の凝集を適度なレベルに抑えることが重要です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/02/22-357982.php?category=20)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血小板数に関する記事

手足の指先から皮膚がむける?血小板と川崎病の関係とは?

血小板は、血管にキズがついた際にその部分に集合し止血するという大変重要な役割を...

骨髄機能に問題あり?血小板が増える理由とは

  健康診断の検査結果でよく目にする血小板の値。血小板とはなんなのか、またこの...


血小板の役割と基準値とは?血小板が少ない場合と多い場合に考えられること

血液の中の固形物の一つが血小板です。赤血球や白血球よりも小さいですがとても重...

血小板が基準値よりも少ない!~急性白血病について~

  血小板と骨髄との関係についてはあまり知られていませんが、骨髄に何らかの...

カラダノートひろば

血小板数の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る