カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. 血小板数 >
  6. ストレスが原因?血小板が少ない人は生活習慣の見直しが大切!

健康診断・健康管理

ストレスが原因?血小板が少ない人は生活習慣の見直しが大切!

 血小板は出血を止めるという、非常に重要な役割を果たしており、この値が少ないと止血がなかなかできなくなり、とても危険です。血小板は多すぎてもいけませんが、基準値よりも少ない場合は上げるための対策が必要です。

 

では、血小板が少ない人は、どのような方法でその量を増やしていけばよいのでしょうか。

 

血小板が少ない理由

まず血小板が少ない理由として、血小板の作る能力が低下している場合と、できた血小板がどんどん使われてしまっていて、生産が間に合わないという場合の二つがあります。

 

前者の場合は、骨髄機能の低下の恐れもあり、病院で精密検査が必要ですが、後者の場合として考えられるのは日々のストレスです。

 

ストレスで血小板が減る?

ストレスにさらされた生活を送っていると、活性酸素の量が増大します。この活性酸素は、細胞組織を破壊するという作用がありますが、血小板はその破壊された部分を修復するために自分自身を使うのです。そのため、日々プレッシャーをかかえて忙しい毎日を送っている人は、体内で活性酸素が増える一方で血小板が減っているという可能性もあります。

 

日々の生活を見直し、ストレスをためない生活を送ることができるよう、工夫することが非常に重要です。

 

血小板が減る薬

また、様々な薬の服用によって血小板が減る場合もあります。例えば、抗がん剤を服用すると、副作用として血小板を減少させてしまいます。そのため、いろいろな薬を飲んでいる人は、お医者さんや薬剤師さんに血小板に対する作用の有無について聞いてみると良いでしょう。

 

 

血小板の数が少ない場合にまずできることとして、ストレスを減らした生活を送ることです。そして日々薬を服用している場合は、血小板への作用があるかどうかを確認するところからはじめてみてはいかがでしょうか。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血小板数に関する記事

血小板が多くて血液がドロドロ…サラサラ血液にする食品を食べよう!

  血小板が多いと凝固作用が強くなり、血液がドロドロになってしまいます。ド...

血小板の役割と基準値とは?血小板が少ない場合と多い場合に考えられること

血液の中の固形物の一つが血小板です。赤血球や白血球よりも小さいですがとても重...


血小板が基準値よりも少ない!~急性白血病について~

  血小板と骨髄との関係についてはあまり知られていませんが、骨髄に何らかの...

血小板を人工的に作る?iPS細胞を用いた血小板作成の利点

血小板は血管が傷つき出血した場合に、傷口に集まり、固まることで止血する大変重要...

カラダノートひろば

血小板数の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る