カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. チャーグ・ストラウス症候群 >
  5. チャーグ・ストラウス症候群は全身に症状が出る難病!

気になる病気・症状

チャーグ・ストラウス症候群は全身に症状が出る難病!

 

2014年のソチオリンピックで話題になった疾患にチャグ・ストラウス症候群という疾患があります。

この疾患は全身の小さな血管に炎症が生じるもので、原因が確定していないことも手伝って難病に指定されています。

 

気管支喘息・アレルギー性鼻炎の前駆症状

チャグ・ストラウス症候群を発症する患者はそのほとんどのが、喘息かアレルギー性鼻炎の病歴を持っています。

特に気管支喘息は治療抵抗性の喘息であることが多いようです。

チャグ・ストラウス症候群の初期症状としてはこれらの疾患が起こったり、悪化したりすると言ったことが見られます。

 

さらに

おそらく上記までの症状であれば喘息やアレルギー性鼻炎の症状とくくって考えてしまうと思いますが、病気が進行するとそれにとどまりません。

血管炎の症状が見られるまで3年以内のことが多く、その後は全身性の炎症が見られますので、以下のような症状が見られるようになっていきます。

筋肉痛・筋肉痛

息切れ

せき

喀血

胸痛

腹痛

血便

腕や足の知覚異常やしびれ、筋力の低下

出血班

皮下結節

消化管出血

体重減少

発熱

血管が障害されるということで出血が起こることがあり、出血の場所によっては脳梗塞を起こしたり、心筋梗塞、心外膜炎、心臓弁障害が生じることもありますし、腎機能の低下や、腎不全が起こることもあります。

症状は障害された臓器によって実に様々で、これらの症状が組み合わさってあらわれますし、何度かにわたって生じることもあります。

症状が一貫して見られることもありますし、進行に伴って異なる症状が見られるようになることもあり、症状を一つのカテゴリーでくくることができません。

 

全身に炎症が起こる為、症状は上記だけにとどまらず、実に多岐にわたります。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/11/20-353062.php?category=288])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

チャーグ・ストラウス症候群に関する記事

気になるチャーグ・ストラウス症候群の検査、診断と治療方法

チャーグ・ストラウス症候群は、血管炎の症状など、様々な器官に炎症が起きる病気...

チャーグ・ストラウス症候群 注意したい重要臓器への進行

  チャーグ・ストラウス症候群という疾患は、原因が分からず全身の細い血管に炎症が...


アレルギーが原因?! チャーグ・ストラウス症候群

    花粉の季節、鼻炎に悩まされる人も多いと思います。アレルギーは、花...

原因不明の病気!チャーグ・ストラウス症候群

チャーグ・ストラウス症候群という病気をご存知でしょうか?アレルギー性鼻炎や気...

カラダノートひろば

チャーグ・ストラウス症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る