カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. チャーグ・ストラウス症候群 >
  5. チャーグ・ストラウス症候群 5年後の生存率が70%前後!?

気になる病気・症状

チャーグ・ストラウス症候群 5年後の生存率が70%前後!?

原因不明のまま、白血球の一種である好酸球が顕著に増加し、全身の細い血管において血管炎が生じる病気があります。これはチャーグ・ストラウス症候群という疾患で、5年後の生存率が70%前後と、決して予後が良好な疾患とは言えません。 

 

気管支喘息の5000人に1人

チャーグ・ストラウス症候群は気管支喘息やアレルギー性鼻炎が先行すると言われますが、そのほとんどが気管支喘息から発症し、アレルギー性鼻炎や皮膚炎が先行するケースがしばしばあるそうです。

 

上記のようにこの疾患を生じると血管炎が起こりますが、まずはこうした気管支喘息などの症状が顕著に見られます。

 

特に傷つけられる器官

どの器官にも炎症が起こる可能性がありますが、特に以下の場所に炎症が起こります。

 

神経

副鼻腔

皮膚

関節

消化管

心臓

腎臓

 

場所によっては命に関わる器官です。また、しばしば肉芽腫という炎症を引き起こす免疫細胞の塊が患部の組織に小結節を形成することがあり、これが正常な組織を破壊し機能を傷害することがあります。そして障害された器官によって見られる症状は異なります。

 

急激に悪化することも

疾患の急性期には血管の炎症が数日単位で急激に悪化することもあります。その場合心臓や脳に影響が出ると、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞、腸穿孔などの重篤な臓器障害が起こることがあります。

 

例えば腎臓に進行した場合、腎臓は障害されてもあまり症状が出ませんから、腎機能が著しく低下するまで自分では気づけない場合があります。そのため、この疾患を発病したら、早期に治療を開始して炎症を多臓器に進行させないことも必要ですし、他の臓器に炎症が及んでいないかと定期的に確認することで、早期に発見治療ができます。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

チャーグ・ストラウス症候群に関する記事

気になるチャーグ・ストラウス症候群の検査、診断と治療方法

チャーグ・ストラウス症候群は、血管炎の症状など、様々な器官に炎症が起きる病気...

チャーグ・ストラウス症候群 注意したい重要臓器への進行

  チャーグ・ストラウス症候群という疾患は、原因が分からず全身の細い血管に炎症が...


アレルギーが原因?! チャーグ・ストラウス症候群

    花粉の季節、鼻炎に悩まされる人も多いと思います。アレルギーは、花...

原因不明の病気!チャーグ・ストラウス症候群

チャーグ・ストラウス症候群という病気をご存知でしょうか?アレルギー性鼻炎や気...

カラダノートひろば

チャーグ・ストラウス症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る