カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 鼻炎 >
  5. アレルギー性鼻炎が起こるしくみ

アレルギー

アレルギー性鼻炎が起こるしくみ

    

花粉症で有名なものとして、春先から初夏にかけて多いスギ花粉による花粉症がありますが、目がかゆくなったり、くしゃみが出たり、鼻水が止まらず鼻づまりで息がろくにできないなど、大変辛い症状に悩まされます。

 

そもそも花粉などによるアレルギー性鼻炎とは、どのようにして起きるのでしょうか。


アレルギーとは、体内に異物が侵入してきたときに、その異物に対する防御システムが働いて起こるものです。中でもアレルギー性鼻炎は、花粉をはじめとしたハウスダストカビ類動物の毛フケなどが原因(アレルゲン)となり、ヒトの体にとって異物となるアレルゲンが体内に入り込むことで、身体が過敏症状を起こしてしまうのです。

 

アレルギー性鼻炎のしくみ


1. アレルゲンが体内に入ると、体内に入った異物を食べる細胞である「マクロファージ」がアレルゲンを食べ、その情報が「リンパ球」に伝わります。リンパ球はこれらアレルゲンを、人体に害を及ぼす異物と認識し、次に体内に入ってきたらすぐに攻撃できるように、「抗体」を作ります。この抗体は血液や細胞内に存在する脂肪細胞に結合します。


2. 肥満細胞に結合した抗体は、特定のアレルゲンをすぐに認識できるようになっており、次にそのアレルゲンが体内に侵入するとすぐに防御反応を示します。(抗原抗体反応)


3. 抗原抗体反応が起こると、ヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症を引き起こす化学伝達物質が肥満細胞から放出されるため、様々なアレルギー症状が出現します。ヒスタミンは知覚神経を刺激するため、くしゃみ鼻汁(鼻みず)が出、ロイコトリエンは鼻粘膜の血管を刺激して鼻閉(鼻づまり)を引き起こします。

 

花粉症の症状
1、 くしゃみ
2、 鼻水(鼻汁)
3、 鼻づまり(鼻閉)
4、 掻痒感(目・のど・皮膚・鼻のムズムズ感などのかゆみ)
5、 頭痛・頭重感
6、 目の充血
7、 瞼(まぶた)の腫れ(腫脹)

 

花粉症などのアレルギーの治療としては抗ヒスタミンが主に使われますが、これらは肥満細胞から放出され、不快なアレルギー症状を引き起こすヒスタミンをブロックするものです。

 

最近はアレルギーの治療薬も様々なものが使用されるようになっていますので、ご自分の症状に合ったものを選んで使用しましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/03/09-015061.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鼻炎に関する記事

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性の疾患には、喉に症状が出るもの、目に症状が出るものなど様々なものがあ...

アレルギー性鼻炎で鼻血が出た時の対処法

アレルギー性鼻炎の症状は、鼻水や鼻づまりなどが一般的です。鼻水、鼻づまり、くしゃ...


アレルギーによる鼻炎と感冒(かぜ)の違いって何だろう?

          鼻炎の症状と、季節性の風邪の症状はよく似ています。それまで...

アレルギー性鼻炎の原因になる花粉!植物にはどんなものが?時期は?

アレルギー性鼻炎を起こす原因のうち、呼吸によって体内に侵入してくる原因物質を「...

カラダノートひろば

鼻炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る