カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 鼻炎 >
  5. 花粉症の原因となるアレルゲンとは

アレルギー

花粉症の原因となるアレルゲンとは

                    

アレルゲンとは、本来アレルギーを引き起こす原因そのものを言いますので、本来花粉だけでなく、ダニやハウスダスト、カビや様々な食物などもアレルゲンになります。特に南国のフルーツ牛乳カニエビなどの甲殻類などに強いアレルギー症状を示す方が多くいることも事実です。


しかし、花粉症アレルギーの代表のようなものです。いったいどのような花粉がアレルギーを起こしやすいかをご紹介します。

 

花粉症(花粉アレルギー)を起こしやすいもの

1. スギ(2月~4月)
2. ヒノキ(2月~4月)
3. シラカンバ(4月中旬~6月初旬)
4. オオバヤシャブシ(3月~4月)
5. コナラ(3~6月)
6. クリ(3~6月)
7. オリーブ(5月下旬~6月上旬)
8. ハンノキ(1月~4月)
9. ケヤキ(ニレ科:3~6月)
10. イチョウ(イチョウ科:4月中旬~下旬)
11. アカマツ(マツ科:4月下旬~6月)
12. ネズ(ヒノキ科:4月~5月)
13. 草本花粉(イネ科…カモガヤ・オオアワガエリなど、キク科…ヨモギ、ブタクサなど:夏から秋)

 

スギとヒノキは飛散時期がほとんど同じで、通常スギの花粉のほうが少し遅れて飛散するようです。

 

スギとヒノキの花粉はよく似ているため、スギに反応する方はヒノキにも反応する方が多いようです。そのため、両方が飛散している時期を通して長期間花粉症に悩まされる方も多いようです。


スギは飛んでいないし、近所にないはずなのに、どうして花粉症の症状がでるのだろうか…と疑問に思っている方は、実は別の花粉にアレルギーがあるのかもしれません。

 

最近は皮膚科や耳鼻咽喉科などで、簡単にアレルゲンの検査が可能です。

 

自分が何のアレルギーがあるかを知っておくだけで、対策や治療法が変わってきますので、アレルギーがある方は是非一度アレルゲンの検査をしておくことをお勧めいたします。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/10/16-009322.php?category=215)

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

鼻炎に関する記事

アレルギー性鼻炎の原因になる花粉!植物にはどんなものが?時期は?

アレルギー性鼻炎を起こす原因のうち、呼吸によって体内に侵入してくる原因物質を「...

アレルギー性鼻炎が起こるしくみ

     花粉症で有名なものとして、春先から初夏にかけて多いスギ花粉による花...


アレルギーによる鼻炎と感冒(かぜ)の違いって何だろう?

          鼻炎の症状と、季節性の風邪の症状はよく似ています。それまで...

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性の疾患には、喉に症状が出るもの、目に症状が出るものなど様々なものがあ...

カラダノートひろば

鼻炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る