カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. >
  5. 卵アレルギーの患者が食べられる「安心な卵」などない

アレルギー

卵アレルギーの患者が食べられる「安心な卵」などない

     

ここ最近、「アレルギー患者が食べられる」というキャッチコピーで、卵を販売している業者がいるそうです。厚生労働省のホームページなどでも注意喚起が成されていますが、本来卵アレルギーの方が安心して食べられる卵など存在しないということを覚えておきましょう


卵アレルギーは「卵」そのものの主成分である卵白アルブミンやオボムコイドなどを、生体が抗原(異物)として反応し、免疫学的に過剰反応を起こしてアレルギー症状を起こすものです。

 

そのため、いかに改良された卵だとしても、これら全てを取り除いたものは、既に「卵」ではないと言えるわけで、たとえ遺伝子組み換え製品であったとしても、そのような卵の存在は今現在確認されていません

 

もし存在していたならば、それは革命的発見で、テレビや新聞などで大々的に発表され、それこそノーベル賞級の大発明です。


インターネット上では、「アレルギー患者が食べられる」、「お子さんのアトピー(卵アレルギー)がでない」などと明記したうえで、様々な体験談も掲載されているようです。


しかし、「仮にサイトに掲載された体験談が事実であったとしても、すべてのアレルギー患者に当てはまるとは言えず、感受性の高い卵アレルギー患者は、通常卵は食べられません」と、消費者庁の食品表示課でも専門家の見解を発表しています。


全ての卵アレルギーの方が、そのような安直な広告を信じるとも思えませんが、中にはわらにもすがる思いでそのような広告を信じてしまう方がいらっしゃるかもしれません。


しかし、安易な広告を信じて、卵アレルギーの方が卵を摂取することは大変危険です。万が一にもアナフィラキシーショックを起こした場合は、命に係わる重篤な症状にもなりかねません。

 

インターネット上の誇大広告には、くれぐれも注意をしてください。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/07/07-379861.php?category=254)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵に関する記事

おいしい!たのしい!食物アレルギーの代替食材 ~卵・牛乳編~

    「食物アレルギーの子供にだって、みんなとおんなじモノを食べさせて...

卵アレルギーの子どもの食事療法の基本と除去食品

   卵をはじめとした食物アレルギーの食事療法の原則は、あくまでも「必要最小限...


アレルゲンとしての卵、特徴と除去の仕方

     乳幼児の食物アレルギーの70%以上は卵が原因だと言われています。 ...

離乳食を遅らせてはダメ?

  卵アレルギーの発症が離乳食期に多いと知ると、離乳食を始めるのが怖いですよね...

カラダノートひろば

卵の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る