カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 便秘 >
  4. 自律神経失調症に見られる4つのタイプ

頭痛

自律神経失調症に見られる4つのタイプ

     

頭が痛い、肩がこる、お腹が張って仕方ないというセリフを口癖のように言う方が、実は自律神経失調症だったという話をよく聞きます。

 

自律神経失調症と聞くと、多くの方は、年配の方や神経質な人が、体調の悪さをアピールするために使っているだけだと思っているかもしれません。

 

実はこれは間違いで、「自律神経失調症」は治療が必要な病気なのです。


偏頭痛便秘が続いていたり、体がだるくて疲れているにもかかわらず、夜眠れないなどという症状を訴える方が、実は自律神経失調症である可能性があります。
自律神経失調症には4つのタイプがあります。

 

自律神経失調症の4つのタイプ
1. 本態性自律神経失調症
幼い頃からの体質に関係していると言われるタイプの自律神経失調症
です。自律神経の調節機能が乱れやすい方をいいます。どちらかというと、体力に自信のない虚弱体質の方低血圧の方に多くみられます。病院で行う身体的な検査では特に異常が見られず、ストレスもあまり関係しません。もともとの体質に問題がありますので、体質改善を行っていきます。


2. 神経症型自律神経失調症
心理的な影響を受けやすいタイプで、自分の体調の変化に大変敏感で、わずかな精神的ストレスでも体調を崩してしまいがちです。感情の変化が体に症状として現れます。


3. 心身症型自律神経失調症
日常生活でのストレスが主な原因となります。精神面と身体面の両方に症状が現れ、自律神経失調症の中でも最も多くみられるタイプです。几帳面真面目努力家な性格の方がなりやすいとされています。


4. 抑うつ型自律神経失調症
心身症型自律神経失調症の症状が進行するとこのタイプとなります。やる気が起きない、気分がどんどん落ち込んでいくなどの「うつ症状」がみられます。肉体的にも、うつ病に似た症状が出現し、頭痛や微熱、食欲がなくなり便秘になる、全身倦怠感が強くなります。こちらはベースに不眠が関係していることが多く、うつ病の際に使用する薬を治療に用いる場合もありますが、本格的なうつ病に比べると比較的早期で回復します。

 

治療は、これらのタイプに合わせて行われます。自律神経の乱れを整えるために、精神面での治療と身体面での治療を並行して行います

 

ビタミン剤やホルモン剤、抗不安薬や漢方薬の服用に併せて、カウンセリングなども行っていきます。もちろん、基本的なライフスタイルの見直しを行うことが非常に大切です。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/11-376261.php?category=254 )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

便秘に関する記事

便秘になると頭が痛いのはどうして?

  女性の2人に1人は便秘と言われています。便秘の症状のひとつに、実は頭痛...

頭痛と便秘は無関係ではない

    頭痛には様々な種類の頭痛があることは、意外に頭痛に悩まれている方は既に...


便秘から片頭痛に?

  便秘になると片頭痛が起きてくる、そう悩んでいる方はいませんか? 片頭...

頭痛や便秘が酷く、だるさが取れない それって自律神経失調症?

   良く、頭痛を訴える方に、動悸や便秘などを訴える方がいます。どこがどうと言...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る