カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. >
  4. 頭痛を伴う耳の痛みは早めの治療が必要

頭痛

頭痛を伴う耳の痛みは早めの治療が必要

頭痛と同時に耳も痛くなるということがあります。原因として良く知られているのは中耳炎や外耳炎、神経痛があります。それ以外に流行性耳下腺炎などもあります。

 

ほとんどは耳の疾患が原因で起こりますが、耳の疾患は放置せず早めに治療をしなければ聴力が低下するなどの後遺症が残る可能性があります。

 

耳が痛くなった時点で、すぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

急性中耳炎

急性中耳炎は、インフルエンザ菌や連鎖球菌、ブドウ球菌などが耳管を経由して中耳に侵入しておこる感染症です。風邪などの上気道感染後に、その菌が中耳に侵入することで発症します。風邪を引いた後から耳に違和感が出、微熱が続いたり、鼻水が止まらず耳漏(みみだれ)や耳痛(耳の痛み)が出現します。

 

良く、風邪などの症状のひとつとして鼻汁がありますが、この鼻水をかまずにすすったりしていると、鼻汁の中に存在している細菌が耳管側へと入り込み、中耳に侵入しやすくなります。中耳に細菌が入り込んで膿が貯まり、痛みが発生します。

 

そして中耳の圧が変化することで耳周囲の血管が鬱血したり、炎症を起こすために頭痛がおこります。

 

さらに中耳の内圧が高まると、鼓膜の一部が破れて外耳道にながれ、耳漏となります。耳漏が流れ出すと、内圧が下がるために一時的に痛みは軽減しますが、その後の治療をきちんと行わないと、聴力が低下したりすることがありますので注意が必要です。

 

大人の場合は比較的重症化することは少ないですが、乳幼児の場合はきちんと治療しないと何度も再発したり重症化したり難治化し、入院治療が必要となることがあります。

 

治療には抗生物質などの薬を使用します。内服薬が効かずに中耳腔に膿が貯まる場合は、鼓膜切開をし排膿します。

 

急性中耳炎の治療が不十分な場合は、滲出性中耳炎に移行することもありますが、その場合は痛みこそないものの、聴力が低下し、耳閉感(耳が詰まり塞がっている感じ)が出現します。そのため、乳幼児の場合は治るまできちんと治療することが必要です。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳に関する記事

耳の後ろの痛み「後頭神経痛」の見分け方と対処

後頭神経痛は片頭痛や緊張型頭痛とも混合されやすく注意が必要です。後頭神経痛の...

頭痛と耳鳴りの併発は危険信号?

耳鳴りと頭痛は、どちらが原因かわからないような場合もあります。 時には脳や...


耳の後ろからくる頭痛の原因と対処法!

片頭痛のようだけど、耳の後ろからズーンと痛みがくる。首から上や耳のあたりを押...

治療をしても治らない耳鳴り…「脳過敏症候群」かも?

片頭痛や耳鳴りの治療を長年続けているのに効果が出ない…という人は、今の治療や病...

カラダノートひろば

耳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る