カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. めまい >
  4. 頭痛を伴う眩暈は体からの危険信号

頭痛

頭痛を伴う眩暈は体からの危険信号

   

  

眩暈の症状は人によって実に様々で、自分の周囲がぐるぐると回って見える回転性の眩暈物が揺れ動いて見えたり、酷い頭痛を伴うものもあります。


眩暈は大きく分けて4つに分類され、異常部位の違いにより出現する症状も違います。

 

眩暈の種類
1.回転性の眩暈
耳の三半規管などに異常があり、聞こえ辛くなったり、耳鳴りなどが眩暈と同時に起こる場合が多いようです。自分や周囲がくるくる回るような感覚です。聴力を司る蝸牛という器官と平衡器官を司る三半規管、耳石器などの器官が中耳部分に一緒にあることから、その部分に圧力がかかったりして何らかの異常があると、それらから同時に脳に情報が伝達されることから、眩暈が回転性になる物と思います。

メニエル病などの場合の眩暈の多くが回転性の眩暈だとされています。また逆に脳そのものに以上がある場合もありますので、診断の際は注意が必要となります。


2.浮動性の眩暈
まっすぐに歩けない、ふらつき、よろめくなどのふわふわした感覚になります。この場合は血圧が一過性に高くなった場合や中枢神経系(多くは脳幹や小脳)の異常によって起こります。脳出血・脳梗塞・脳腫瘍などになると眩暈が起こることが知られています。この場合は早急に病院を受診してください。


3.動揺性眩暈(立ち眩み)
座っていたり横になっている体制から、いきなり立ち上がったときに血の気が引き、意識が遠くなる眩暈です。目の前が暗くなるような場合は、起立性の低血圧など、血圧の変化に伴う物が多く、立ち上がった時に脳に送られる血流量が一時的に不足した場合におこります。(一過性の脳虚血


4.平衡機能障害
体の平衡を保つ平衡感覚は、全身の感覚器の情報とその処理によってなされています。眼・耳・筋肉・関節などの全身からの情報が脳に伝達され、脳がそれらの情報を処理することで体が平衡に保たれているのです。平衡機能障害はこのような神経の伝達経路の何処かに異常があり、上手くバランスが取れない状態です。


眩暈と頭痛が中々治まらない場合は、病院でCTやMRIなどの画像診断をしてもらい、危険な脳が原因の症状ではないことを確認してもらう必要があります。頭と眼と耳同じ頭部の密接した場所にあります。

 

ですから、頭痛や眩暈は脳からの危険信号だと思って早めに対応することをおすすめします。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/08/11-006296.php?category=176)

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

めまいに関する記事

ストレートネックからくる頭痛とめまい

  めまいと頭痛を併発することは少なくありません。 頭がいたすぎてくらく...

「良性頭位性めまい」は毎日の簡単な訓練で改善できる?知っておきたい対処法

最近、テレビ番組「駆け込みドクター!」などで特集され話題となっている「めまい...


意外と多い頭痛と眩暈(めまい)の関連

   頭痛で悩んでいる方は以外に多いものですが、中でも頑固な片頭痛で苦しんでい...

眩暈と頭痛が治らない もしかしたら歯や顎が原因?

   眩暈や頭痛が中々よくならない原因のひとつとして良く挙げられるものに、歯の...

カラダノートひろば

めまいの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る