カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 男性更年期の傾向をみるための問診票

男性のカラダの悩み

男性更年期の傾向をみるための問診票

男性更年期障害の中でも、男性ホルモン(テストステロン)の低下によって起こる症状を総称したものをLOHと呼びますが、その症状は実に様々なものがあります。

 

自分ももしかしたら男性更年期かもしれないと思われる方のために、診断の際に用いる問診票があります。

 

問診内容に応じて、ほとんどない…1、ややある…2、かなりある…3、特につらい…4と加点し、男性更年期の可能性があるかどうかを診断していくものです。

 

熊本「健康調査票」

1. 体調がすぐれず、気難しくなりがち

2. 不眠に悩んでいる

3. 不安感・寂しさを感じる

4. くよくよしやすく、気分が沈みがち

5. ほてり・のぼせ・多汗がある

6. 動悸・息切れ・息苦しいことがある

7. めまい、吐き気がある

8. 疲れやすい

9. 腰痛、手足の関節の痛み

10. 頭痛・頭が重い・肩こりがある

11. 手足がこわばる

12. 手足がしびれたり、ピリピリする

13. 尿が出にくい、出終わるまで時間がかかる

14. たびたび夜中にトイレに起きる

15. 尿意を我慢できなくなり、漏らしたりする

16. 性欲が減退したと感じる

17. 勃起力が減退したと感じる

18. セックスの頻度

 1)2週間に1~2回以上…1

 2)月に1~2回…2

 3)月1回未満…3

 4)全くない…4

 

1~16の質問に関して

ほとんどない…1

ややある…2

かなりある…3

特につらい…4

 

上記の問診結果によるスコア

17~26点:問題なし

27~36点:軽度

37~49点:中等度

50点以上:重度

 

LOH(加齢男性性腺機能低下症候群)の問診を行うスコア表としては国際指標とされるAMSスコアがありますが、こちらは日本人向けに作られた問診票です。

 

同じ方がこの健康調査票とAMSスコアを行った場合、ほぼ同様の結果になるとされていますが、LOHの診断をする際には活用されているようです。

 

これらの問診結果と血中のホルモン濃度を照らし合わせて、LOHの可能性があるか、治療の必要性があるかどうかを総合的に判断していきます。

 

問診票のスコアが中等度から重度になり、生活していくうえで「辛い」と感じている方は、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

(Photo by://www.ashinari.com/) 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

男性でもなる更年期障害

  更年期障害という病名をご存じでしょうか。 一般的に主婦などある程度の世代の...

男性の更年期障害の悪化は仕事が原因なことも!男性の更年期障害

  男性の更年期障害は、加齢による進行は女性と比べても非常に緩やかです。 ...


男性更年期の症状に多いうつ症状

          更年期症状といえば、女性のものと思われがちですが、そもそ...

心・体・性の症状を引き起こす!男の更年期症状との上手な付き合い方とは?

  女性は閉経などのタイミングで、よく更年期障害を発症させてしまうケースが...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る