カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 高血圧治療のガイドライン~血圧分類と脳血管リスク~

生活習慣病

高血圧治療のガイドライン~血圧分類と脳血管リスク~

  

血圧とは血管内(動脈)の血液の持つ圧力のことを言い、心臓の収縮期と拡張期の圧力のことを言います。

 

本来は心臓の左心室から大動脈弁を出た直後の大動脈内圧のことをいいます。人間の血圧の正常範囲収縮期血圧で130mmHg、拡張期血圧で85mmHg未満とされていますが、本来血圧コントロール機能が正常な方は、血圧が上昇したときに自律神経を介した反射性制御で自然に正常な血圧にもどります。

 

しかし、正常範囲が超えた血圧がもとにもどらないまま維持されてしまう状態を高血圧症と呼び、心臓疾患や脳血管障害のリスクとなります。

 

血圧のコントロールがきちんと行われないと、突然死などを起こしやすいため、国内外でその治療のガイドラインが設けられています。

 

高血圧の分類


成人における血圧値の分類
1.至適血圧・・・・・・収縮期血圧が120未満かつ拡張期血圧が80未満
2.正常血圧・・・・・・収縮期血圧が130未満かつ拡張期血圧が85未満
3.正常高値血圧・・収縮期血圧が130~139または拡張期血圧が85~89
4.Ⅰ度高血圧・・・・収縮期血圧が140~159または拡張期血圧が90~99
5.Ⅱ度高血圧・・・・収縮期血圧が160~179または拡張期血圧が100~109
6.Ⅲ度高血圧・・・・収縮期血圧が180以上または拡張期血圧が110以上
7.(孤立性)収縮期高血圧・・・収縮期血圧が140以上かつ拡張期血圧が90未満

 

血圧に基づいた脳心血管リスク

 

リスク層(血圧以外のリスク要因
1.リスク第一層(危険因子がない)の場合
 1)正常高値血圧・・・付加リスクなし
 2)Ⅰ度高血圧 ・・・低リスク
 3)Ⅱ度高血圧 ・・・中等リスク
 4)Ⅲ度高血圧 ・・・高リスク


2.リスク第Ⅱ層
糖尿病以外の1~2個の危険因子、メタボリックシンドロームがある。
 1)正常高値血圧・・・中等リスク
 2)Ⅰ度高血圧 ・・・中等リスク
 3)Ⅱ度高血圧 ・・・高リスク
 4)Ⅲ度高血圧 ・・・高リスク


3.リスク第Ⅲ層
糖尿病、CKD(慢性腎臓病)、臓器障害/心血管病、3個以上の危険因子のいずれかがある場合は、全て高リスクとなる。

 

いずれにしても、高血圧が脳心血管疾患のリスク因子になる事は確かです。

 

すでに高血圧症と診断されている方は、医師の指示に従い、血圧のコントロールをしっかりと行う必要があります。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/06/06-337346.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

使い勝手のよい降圧剤「カルシウム拮抗薬」

  高血圧の治療には基本的に、薬剤が使用されます。もちろん高血圧を生じる結果を...

病態に合わせた降圧療法を!~高血圧の合併症について~

  高血圧患者さんは様々な合併症を併発していることが多く、併発している疾患が存...


高血圧に効く利尿薬とは?その種類と特徴について

高血圧に対する薬物療法の伝統的な方法は、血管が収縮することで高まる血圧を抑制す...

高血圧の症状と薬物治療についての基礎知識

    日本人のほとんどの高血圧は「本態性高血圧」と呼ばれる、特に病気などの...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る