カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 高血圧ガイドライン~主な降圧薬の使用方法~

生活習慣病

高血圧ガイドライン~主な降圧薬の使用方法~

   
血圧が上昇しても、正常な血圧にもどらず、それができずに高い血圧を維持する方を高血圧症といいます。高血圧は脳心血管疾患のリスクとなるため、国内外ではその治療のためにガイドラインを設けています。


糖尿病や腎機能障害、メタボリックシンドロームや心血管疾患の有無により、降圧剤を開始する時期に違いはありますが、血圧値が高値の場合は降圧剤を積極的に使用し、脳血管疾患の発症リスクを下げることが推奨されています

 

主要降圧薬の積極的な適応

1.左室肥大・・・Ca拮抗薬、ARB/ACE阻害薬
2.心不全 ・・・ARB/ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬
  *ARB/ACE阻害薬とβ遮断薬は少量kら開始し、注意深く漸増します。
3.心房細動(予防)・・・ARB/ACE阻害薬
4.頻脈 ・・・ Ca拮抗薬(非ジジドロピリジンCa拮抗薬)、β遮断薬
5.狭心症・・・ Ca拮抗薬、β遮断薬(冠攣縮性狭心症には注意)
6.心筋梗塞後・・・ARB/ACE阻害薬、β遮断薬
7.尿蛋白 ・・・ ARB/ACE阻害薬
8.腎不全 ・・ ・ARB/ACE阻害薬、利尿剤(ループ利尿薬)
9.脳血管障害慢性期・・・Ca拮抗薬、ARB/ACE阻害薬、利尿薬
10.糖尿病/メタボリックシンドローム・・・ARB/ACE阻害薬
11.高齢者 ・・・ Ca拮抗薬(ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬)、ARB/ACE阻害薬、利尿薬

 

それぞれの薬剤には禁忌(使ってはいけない場合)と慎重使用例(充分に注意して使用する)がありますので、注意が必要です。

 

1.Ca拮抗薬
 1)禁忌 ・・・ 徐脈(非DHP系)
 2)慎重使用例・・・心不全
2.ARB
 1)禁忌 ・・・ 妊娠、高カリウム血症
 2)慎重使用例・・・腎動脈狭窄症
3.ACE阻害薬
 1)禁忌 ・・・ 妊娠、血管神経性浮腫、高カリウム血症
 2)慎重使用例
4.利尿剤(サイアザイド系)
 1)禁忌・・・通風、低カリウム血症
 2)慎重使用例・・・妊娠、耐糖能異常
5.β遮断薬
 1)禁忌 ・・・ 喘息、高度徐脈
 2)慎重使用例・・・耐糖能異常、閉塞性肺疾患、抹消動脈疾患
両側性腎動脈狭窄症の場合は禁忌

 

降圧薬を使用する場合は医師の指示にしたがい、その方の病状にあった薬を処方してもらい、注意深く服用しつつ定期的な経過観察が必要となります。

 

くれぐれも自己判断で降圧剤を服用したりしないようにしましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/03/05-345754.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

降圧剤を服用してだるい…その理由とは?

高血圧の状態とは、心臓が血液を体の隅々まで押し出す力が強い状態を言います。強い...

知っておくべき高血圧の薬物治療!高血圧に使われる薬の効果と副作用を知っていますか?

高血圧の治療薬には様々な種類があります 薬物療法の進め方 薬による治療は...


高血圧で2種類以上の薬が処方されるのってなぜ?

  高血圧治療に使用される薬はいくつかありますが、降圧効果においてそう大きな違...

高血圧治療のガイドライン~血圧分類と脳血管リスク~

   血圧とは血管内(動脈)の血液の持つ圧力のことを言い、心臓の収縮期と拡張期...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る