カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. 是非パパに読んでもらいたい子育て術!子供の成長をママと分かち合おう

育児・子供の病気

是非パパに読んでもらいたい子育て術!子供の成長をママと分かち合おう

 昨今は「イクメン」という言葉も出てきたほど、パパたちも育児に参加するようになってきました。子育ては24時間営業で、休む暇はありません。

そんな育児にパパ達はどのように関わっていけばよいのでしょうか?

 

だっこ・おむつ交換は積極的に

落としそうで怖くてだっこできないというパパも多いようですが、そこはがんばってトライしてみてください。赤ちゃん特有のやわらかさ、繊細さがパパの手を通して伝わってくると思います。

 

パパに抱っこされるのが少ない子どもは人見知りをしやすいというデータもあるくらい、パパの抱っこはとても大切なのです。

おむつ交換もスキンシップをはかれる大事な時間です。オムツ替えをしながらお話をしたり、笑わせたり、くすぐってみたり、色々なことをしてください。

また、パパがオムツ替えをマスターしてくれると、ママはそれだけでとても楽になります。

 

また、外出時などで、女性用トイレのオムツ替えコーナーが混雑しているとき男性用のほうで交換をしてもらえると、とても助かります。

 

家事を少し手伝ってくれると助かる

ママは、育児に家事と、パパが仕事に行っている間も常に動き回っています。とても体力がいることなのですが、大半のママは授乳や夜泣きなどでママは寝不足になっているのです。そんな時、ちょっとだけでも家事を手伝ってくれたらとても助かります。

 

食器を洗ったり、ごみを出しにいってくれたり、お風呂を掃除してくれたり、たまにご飯を作ってくれたりと、1つでもパパがしてくれたら、ママは肉体的にも精神的にも楽になります。

家事を手伝ってくれることがイクメンパパの育児の一環になるのかもしれません。

 

子供の成長をママと分かち合おう

朝早く仕事へ行き、夜遅く帰ってくるパパはなかなか子どもと接する機会がないですよね。もちろん子どもの成長も自分の目で見る機会が少ないと思います。

ママはパパよりも子どもの成長を毎日感じ取っているはずですので、色々聞いてみましょう。

昼間にメールでやり取りをしたり、帰ってきてから食卓を囲んで話してもいいですし、パパとママで成長や、育児の不安、を分かち合いましょう。

 

そうすることで、2人が同じ方向を向いて進んでいっていることへの再確認や、子供への愛情を確かめることができます。

また、話をすることで育児でストレスがたまったママのストレス発散にもつながります。

 

育児というのは正解があるようでなかったりもします。

でも両親が同じ方向を向き協力し合ってやれば、おのずといい方向に向いてくるでしょう。お互いで助け合い、子どもの成長を楽しみましょう。

 

 (Photo by: 足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

妻に任せきりにせずに男性も一緒に育児をしよう!育児休暇の制度について

子育て=女性の仕事というのは一昔前のことで、女性の社会進出で仕事を持つ自立し...

ママも気になる!パパと娘の入浴タイム 何歳までなら大丈夫?

子どもとの入浴タイムは、身体の成長を感じたり、日頃あったことを話したり、コミ...

パパの育児の体験談

かつおの子育て日記☆~パパはイクメン!?~

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中のかつおです! パパが仕事が休みの日に、週1回働...

パパと一緒に!

今では自慢の育メンなパパも産まれてすぐの時は泣いても放置の見守るパパでした。1人でできる事も一緒に!...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る