カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 基礎知識 >
  5. スポーツ障害の基礎知識 肉離れは子どもより成人に多い?

気になる病気・症状

スポーツ障害の基礎知識 肉離れは子どもより成人に多い?

 

スポーツのケガで「肉離れ」とよく聞きますが、肉離れとはいったい何なのでしょうか。

 

肉離れは断裂障害

肉離れの肉とは筋肉のことです。筋肉が離れるというのはつまり筋肉が断裂してしまうということであり、この断裂は、筋肉の収縮が急激に行われたことによって起こるものです。

肉離れは筋肉の断裂の様相によって以下の二つに分けることができます。

・筋肉の部分断裂

・筋肉の完全断裂

 

スポーツで起こる

筋肉の急激な収縮ということで、日常生活でそう激しい動きをしなければ肉離れとは無縁です。しかしやはりスポーツとなると、筋肉を瞬発的に動かす必要もある為、肉離れが起こる確率が高くなります

運動する際に、体を動かすエネルギーは筋収縮によって発揮されます。この筋収縮は大きく、素早い収縮であるほどにより大きなエネルギーを産む出すことができます。

その動作についていけないときに、筋細胞、筋膜が引き延ばされて肉離れがおこるのです。

 

小さいときには起こらない

子どもの方が体を動かすときに無茶をしそうですが、小さい子どもが肉離れを起こしたというのはあまり聞かない話だと思います。実際肉離れを起こすのは体が出来上がり始めている高校生以上であることが多いです。

これは以下のような理由があります。

・子どもの内は強力な筋収縮を行う筋肉自体がない

・子どもは筋肉の柔軟性が高い

特に筋肉の柔軟性の欠如はあらゆるケガにおいても言えることです。筋肉は一般的に二十歳を超えてくると柔軟性が徐々に低下する傾向にあります。そのため、柔軟性を失いつつある成人の方が肉離れを起こしやすくなるのです。

 

こうした肉離れは、スポーツの前に準備運動をしっかりしたり、オーバーワークにならないようにすることでも防ぐことも出来ます。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/01/27-385163.php?category=303])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

スキー場の応急手当、基本は"RICE"!"RICE"って何?

  スキーやスノーボードでは擦り傷やうちみなどの軽傷も多いですが、スピードがあ...

ショートスキーの危険を知っていますか?危険を知って、ケガを回避しよう

  ゲレンデを滑走するスキーやスノーボードの中で、近年増えてきたと言われるのが...


スキー保険の仕組みを知って、自分に合わせた保険に入ろう

  他のスポーツではそういったことはないのに、スキーやスノーボードに行くときに...

スポーツ障害が起こりやすいヒザ…腸脛靭帯炎の症状と特徴とは?

 足、特に膝はスポーツ障害が起こりやすい部位で、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたい...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

基礎知識の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る