カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. スポーツでよくあるケガ、半月板損傷… どんな時に損傷するの?

気になる病気・症状

スポーツでよくあるケガ、半月板損傷… どんな時に損傷するの?

 

人の体の関節はどの部分が傷ついても体を動かすことに支障が出ます。

中でも足の関節に障害が出ると歩行が困難になったり、スポーツが思うようにできなくなったりと支障が大きくなります。

 

膝にある半月板

膝には太ももの長い骨である大腿骨と、すねの骨である脛骨の間に半月板というものがあります。

足の内側にあるものが内側半月板、外側にあるものが外側半月板というもので、膝関節を安定させたり、膝関節にかかる衝撃を和らげる役割をしています。

 

スポーツで損傷されやすい

スポーツでよくあるケガに半月板損傷というケガがあります。スポーツによる外傷の中でも比較的頻度の高いケガです。膝に強い衝撃が加わることや、変な力が加わってひねったりしたことで半月板に亀裂が入ると半月板損傷と言われる状態になります。

 

特にこれは以下のようなスポーツで起こりやすいようです。

サッカー

スキー

ラグビー

アメフト

柔道

バスケットボール

バレーボール

体操

テニス

野球

こうして見ると基本的にはぶつかったときの衝撃が大きいスポーツですが、幅広いスポーツで起こりえるケガということがわかります。

 

どんな時に半月板が損傷するのか?

基本的に膝をひねるような場面であればどんな時でも起こりえますが、ほとんどの場合でスポーツ中に発生します。具体的には以下のような動作のときに損傷することがあります。

片足で床を滑った

横からひざにタックルされた

着地のときに膝が外転し、ひねりが加わった

水泳の平泳ぎでひざが繰り返しひねられた

ランニングでの摩耗

基本的には膝関節が屈曲しつつ、ひねりがくわわることで水平方向に、半月板にストレスがかかり、損傷します。また、下の二つのように単純な動きでも繰り返されることで少しずつ損傷が進むこともあるようです。

 

半月板は自己治癒をしないため、損傷した場合で強い症状が見られるならば治療が必要になります。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/24-027900.php?category=282])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膝に関する記事

半月板損傷の最近の手術とは?半月板損傷の基本知識

ひざのケガである半月板損傷ですが、具体的にはどのような症状がみられ、診断・治...

もしかしてこの症状ってスポーツ障害?半月板損傷の症状は○○だ!

どのスポーツでも多く起こるスポーツ障害に、膝の半月板損傷があります。半月板損傷...


スポーツでヒザにケガ…半月板損傷の保存療法ってどんな治療?

  膝は俊敏な動きを生み出すためには欠かすことのできない場所ですが、その分大き...

腸脛靭帯炎「ランナーズニー」の症状を知ろう!初期から慢性化まで

 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は徐々に症状が悪化し、やがて慢性化するス...

カラダノートひろば

膝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る