カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 症状 >
  5. 食道がんの症状 自覚症状がないため早期の発見が難しい!

ガン・悪性腫瘍

食道がんの症状 自覚症状がないため早期の発見が難しい!

日本では中高年に多いとされる食道がんですが、リスク要因としては喫煙飲酒が上げられています。また、熱い飲食物をある程度冷まさずに摂取することもリスクを上昇させるという研究結果もあります。

こうしたリスク要因をもつ食道がんですが、その症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

初期の食道がんには自覚症状がありません

食道がんは初期の場合だと自覚症状がないため早期の発見が難しいとされています。定期的な健康診断や人間ドックで内視鏡検査を行った場合、初期の食道がんのおおよそ2割程度は発見できるといいます。

この時点で見つかった場合、最も治る確率が高いといえます。しかし、がんが進行してくると以下の症状が現れます。

 

食事が食道部分でつかえるような感覚

がん細胞が増殖することで食道の内側が狭くなります。その結果として、食べ物が食道を通ってスムーズに胃に流れていかず、何か途中でつかえている感覚を覚えます。とりわけあまり細かく噛み砕かない食品(すじの多い硬い肉など)を摂取した場合に発生することが多いです。

 

食道がしみる感覚

食べ物を摂取したとき、熱いものを摂取したときに胸の奥にチクチクした痛みやしみる感覚が出ます。

この症状は早期の食道がんでもでる場合があるので、その場合は早期発見のためにも、あまり軽く考えず内視鏡検査を受けたほうが良いでしょう。

 

かすれ声

食道のすぐ近くには声を調節している神経があります。そのため、がんが進行し食道の外に飛び出した場合、この神経が攻撃されることで、声がかすれる場合があります。

 

以上のように、初期の段階ではなかなか食道がんの自覚症状がない場合が多いのですが、がんが進行するにつれて様々な症状が出てきます。その際はあまり軽視せずに内視鏡検査などを受けることで食道がんの有無などを調べてもらったほうがよいでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/06/10-379048.php?category=205)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

食道がん切除手術後の不都合とは?どんなことが考えられる?

  食べることは人が生きる上で欠かすことができません。摂食をする上で大切な器官...

食道がんの手術後の後遺症について理解しておこう

食道は、口から入った食べ物が通過する大切な器官です。食道がん治療の手術は、食道...


気付きにくい?食道がんの初期に見られる症状

  食道がんは中年以降の年齢で発症することが多く、ほとんどが40代以上です。発...

中高年の発症が多い!日本人の食道がんの特徴・進行プロセスって?

食道はのどと胃をつないでいる臓器の一つで、長さはおおよそ25-30cm、太さ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る