カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 治療 >
  5. 肺がんにおける外科療法を学ぼう 外科手術、肺葉切除と片肺全摘

ガン・悪性腫瘍

肺がんにおける外科療法を学ぼう 外科手術、肺葉切除と片肺全摘

肺がんと診断された場合、その病状の進行度合い(ステージ)や肺がんの種類などによって治療法が異なります。肺がんの症状も様々でどの症状がいつどの時点で発生するかは個人差もあるのですが、とにかく早期発見・早期治療が他のがんと同様肺がんにも当てはまります。

 

肺がんの治療方法は大きく分けて外科療法・放射線療法・薬物療法があります。ここでは最も基本的な外科療法についてその副作用と共に確認していきましょう。

 

肺がんにおける外科療法とは

肺がんに対する外科療法は、簡単にいうと外科手術のことです。つまり、肺にできたがん細胞を完全に取り除くことを目的としています。

肺は左右両方にあり、右の肺(右肺)は上葉・中葉・下葉の3つに、左の肺(左肺)は上葉・下葉の2つに分かれます。

通常の外科手術においては、肺の組織をどのくらい摘出するかというと、がん細胞が存在する肺葉を摘出(肺葉切除)するか、または、がん細胞が存在する片側の肺全てを切除(片肺全摘)するのが通常です。

 

しかし、臓器の一部を切除するということはそれだけカラダに大きな負担を与えることになります。そのため、患者の体力や肺の機能など様々な点を総合的に考慮して、場合によってはがん細胞のある肺葉の一部だけを切除する縮小手術が用いられたり、手術以外の放射線療法や薬物療法が用いられる場合があります。

 

また手術の際にはリンパ節も切除してがんがリンパ節に転移していないかを調べるのが通例です。

 

外科療法の副作用とは

手術後は一般的にカラダの免疫機能が低下します。そのため、肺炎のリスクが高まります。また、肺ろうといって、肺から空気がもれるというリスクもあります。これは手術の際に正常な肺の一部に切り込みをいれた結果起こりうる副作用です。

 

以上のように、外科療法は肺がんでは基本的な治療法の一つですが、副作用もあることから、お医者さんと十分相談の上、治療方法を検討していくことが重要です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/04/24-378078.php?category=169)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

化学療法とあわせて苦痛を和らげるケアも!~肺がん末期での緩和ケア~

  末期のがんでは、抗がん剤での治療の他に緩和ケアが重要となってきます。緩...

継続することで余命を多くすることも!?~肺がんの化学療法の治療~

末期の肺がんで主に行われるのが、抗がん薬を使用した化学療法です。1コース目に...


治療方針は個々の状態により異なる!~肺がんと診断されたら~

肺がんの治療にはいくつかの方法がありますが、がんのタイプなどの条件によって治...

病状が進行するまで自覚症状がほとんどない恐ろしいがん!肺癌

日本人の死亡率第一位の疾患おもな症状は、咳や痰、血痰、胸部痛、背部痛、呼吸困難で...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る