カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 肺がんにおける外科療法を学ぼう 検査から診断治療に至るまで

ガン・悪性腫瘍

肺がんにおける外科療法を学ぼう 検査から診断治療に至るまで

肺がんと診断された場合、その病状の進行度合い(ステージ)や肺がんの種類などによって治療法が異なります。肺がんの症状も様々でどの症状がいつどの時点で発生するかは個人差もあるのですが、とにかく早期発見・早期治療が他のがんと同様肺がんにも当てはまります。

 

肺がんの治療方法は大きく分けて外科療法・放射線療法・薬物療法があります。ここでは最も基本的な外科療法についてその副作用と共に確認していきましょう。

 

肺がんにおける外科療法とは

肺がんに対する外科療法は、簡単にいうと外科手術のことです。つまり、肺にできたがん細胞を完全に取り除くことを目的としています。

肺は左右両方にあり、右の肺(右肺)は上葉・中葉・下葉の3つに、左の肺(左肺)は上葉・下葉の2つに分かれます。

通常の外科手術においては、肺の組織をどのくらい摘出するかというと、がん細胞が存在する肺葉を摘出(肺葉切除)するか、または、がん細胞が存在する片側の肺全てを切除(片肺全摘)するのが通常です。

 

しかし、臓器の一部を切除するということはそれだけカラダに大きな負担を与えることになります。そのため、患者の体力や肺の機能など様々な点を総合的に考慮して、場合によってはがん細胞のある肺葉の一部だけを切除する縮小手術が用いられたり、手術以外の放射線療法や薬物療法が用いられる場合があります。

 

また手術の際にはリンパ節も切除してがんがリンパ節に転移していないかを調べるのが通例です。

 

外科療法の副作用とは

手術後は一般的にカラダの免疫機能が低下します。そのため、肺炎のリスクが高まります。また、肺ろうといって、肺から空気がもれるというリスクもあります。これは手術の際に正常な肺の一部に切り込みをいれた結果起こりうる副作用です。

 

以上のように、外科療法は肺がんでは基本的な治療法の一つですが、副作用もあることから、お医者さんと十分相談の上、治療方法を検討していくことが重要です。

 

治療方針は個々の状態により異なる!~肺がんと診断されたら~

肺がんの治療にはいくつかの方法がありますが、がんのタイプなどの条件によって治療法も異なってきます。治療方針を決める重要な要素は、「組織型」「病期」「遺伝子異常の状態」、そして本人の健康状態です。

 

・局所療法

比較的早期の場合は、がん細胞を狙い撃ちする局所療法が用いられることが多いでしょう。主に放射線治療と手術という方法がとられます。手術は肺葉やリンパ節を切除するものが一般的です。放射線治療は放射線によってがん細胞に損傷を与え死滅させるという治療です。

 

・全身療法

全身を対象に行う治療で、抗がん剤による化学療法などがあります。抗がん剤は、細胞の性質を変えたり細胞分裂できなくさせる作用がありますが、がん細胞以外の細胞にも同様にダメージを与えるため、副作用が強く出る場合が多くあるようです。最近では、がんの元となるものだけを標的にできる「分子標的治療薬」という薬もあります。

 

さらにこれらの治療が難しい場合は、生活の質を上げるためのケアが行われます。患者の痛みを取り除く身体的なケアから、精神的なケアまでが含まれます。病院によっては、「免疫治療」や「レーザー治療」など、代表的な治療以外のものを行っているところもあるようです。気になる治療があれば問い合わせたり、主治医に確認してみるとよいでしょう。

 

このような治療を、組織型や病期などのがんの状態によって選択していきます。一つだけでなく複数組み合わせたり、患者の希望を取り入れたりしながら方針が決められます。もし本人が望んだ治療であっても、他に持病があるなど健康状態が思わしくなく、治療に耐えられる体力が無かったり治療の影響で全身の状態が以前より悪くなることが予想されれば、実施することができない場合もあります。

 

がんはどのくらい進行している?肺がんの病期診断で行う検査

肺がんであると確定診断を受けた場合、がんがどの程度進行しているか確認する検査が行われます。肺がんの病期は、がんの広がり具合や転移の有無や程度によって各段階に分けられます。今後の治療方針を決めていくためにもとても重要な検査になります。

 

様々な画像検査

・CT検査・・・人体を輪切りにした映像が得られる画像検査です。最近のものでは一度にたくさんの断層図が得られるものや3D画像で肺を描写できるものなど高性能な機械があります。がんの広がりや形を検査します。

 

・MRI検査・・・全身を様々な角度から見ることができる画像検査です。がんの形状や遠隔転移があるかなどを調べます。脳への転移がないか調べるのに適しています。

 

・PET・・・がん細胞は、普通の細胞に比べ活動が活発であり、多くのブドウ糖を必要とします。この性質を利用し、ブドウ糖に似た薬剤に弱い放射線をつけた物質を注射し、さかんに取り込まれている箇所を画像で捉え、がん細胞が活動している場所を見つけ出します。がんのリンパ節への転移について調べることができます。

 

・骨シンチグラフィ・・・骨への転移を調べる検査です。骨に取り込まれる性質を持った放射性薬剤を注射し、その後の骨の放射線量を測定し、転移の有無や場所を調べます。

 

 

その他の検査

・気管支鏡検査・・・気管支鏡を使って組織を採取し転移の有無を調べます。

 

・縦隔鏡検査・・・左右の肺の真ん中にある気管、食道、心臓などを内視鏡で観察する検査です。必要に応じて組織を採取することもあります。全身麻酔により胸を切開しておこないますので、患者への負担が大きく合併症の可能性もあります。

 

・腫瘍マーカー・・・がん細胞などから産出される物質の有無を調べるものです。しかしながら肺がんを特定できる物質はないため、補助的な検査となります。

 

 

さまざまな検査がありますが、この他の検査が行われたり、場合によっては実施されないものもあります。

 

レントゲンだけでは早期肺がんを見逃す可能性が?!CT検査との比較!

定期健康診断でほとんどの場合、セットとなって受診する「肺のX線検査(レントゲン撮影)」は、簡易的に肺や心疾患などのリスクがわかり、がんの早期発見につながるというのが一般的な見解です。

 

しかし近年、米研究グループによって行われた調査によれば、「レントゲンは小さな病変では見逃すことも多く、また統計によると受診者と死亡率の低下との関連性が見られなかったため、有用な検査とはいいがたい」と述べられています。

 

X線検査はCT検査と比べてどのくらい精度がある?

2011年のアメリカがん研究所の発表によれば、X線とCT検査の肺がんの検査結果を比較したところ、以下のことが分かりました。

 

X線・CT検査での肺がん陽性率と、その後の肺がん確定率

・対象

X線・CT検査の各種検査ごとに2万6309名の被験者(喫煙者)

 

・CT検査の陽性率

CT検査で肺がん陽性と診断された確率:27.3%(7191名が、肺がんの疑いと診断)

その後、実際に肺がんが確定した確率:3.8%(270名)

 

・X線検査の陽性率

X線で肺がん陽性と診断された確率:9.2%(2387名が、肺がんの疑いと診断)

その後、実際に肺がんが確定した確率:5.7%(136名)

 

結果の考察

X線とCT検査の使用方法について、あるクリニックの医師の見解(要約)としては以下と述べられています。

 

・X線に比べ、CT検査の方が見落としは少ないが、偽陽性率も高い

上記のX線・CT検査の比較を見る限り、「X線検査は早期がんの見落としが多い」とはいい切れない結果となったが、実際の臨床における感想としてはやはりCT検査の方が見落としが少ない。

しかし、CT検査のデメリットは偽陽性となる確率も高く、二次検査に膨大な費用がかかることある。

 

・放射線の被曝リスクについては、CT検査はX線の75倍である

一般的なCT撮影の場合、X検査のおよそ75倍の放射線量となり、安全性が高いとは言い切れない。

 

最後に(検査をどう使い分ける?)

・CT検査

喫煙者である場合(=リスクが高い場合)、まず問診を行い、肺がんのリスクが高いと診断されればCT検査を行う。

 

・X線検査

半年にいちど行うようにする(一年にいちどでは、進行の早いがんは治療が困難になるケースが多く、不十分である)。

 

以上のように、喫煙されている場合は、定期健康診断のX線検査で異常が見られなくても、定期的に専門医にかかり、診察を受けることが非常に大事となります。

(Photo by: http://www.ashinari.com/2013/04/24-378078.php?category=169)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-18掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺がんに関する記事

『肺血管腫』は肺の腫瘍病例としては珍しい病気なんです!どうして発症するの?

肺に影があると診断された・・・肺ガン?!慌てないで、それは『肺血管腫』かもし...

咳や血痰・・・肺がんに見られる症状とは~初期の自覚症状を発見しよう!

日本で最も発生率の高いがんの一つが肺がんです。肺がんは中年以上で発症すること...


「非小細胞がん」と「小細胞がん」での余命の違いは?~死亡率が高い肺がんの基礎知識~

近年増加の傾向にある肺がんですが、1993年にはそれまでがんの中でも死亡率が...

カラダノートひろば

肺がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る