カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 仕事 >
  5. 妊婦の電車通勤って不快?~満員電車と妊婦~

妊娠・出産

妊婦の電車通勤って不快?~満員電車と妊婦~

ネット上のいろいろな意見を見ていると、妊婦さんが電車に乗ってくると不快に感じるという人がとても多くて驚きを隠せません。特に、満員電車に乗って来る妊婦さんについては、否定的な意見が目立ちます。

 

今回は妊婦の電車事情について、周りの乗客の否定的な意見と妊婦側の意見をまとめてみました。

 

妊婦は満員電車に乗ってくるな!

今回は満員電車で妊婦さんが乗車した際の、周りの否定的な意見にスポットライトを当ててみました。

 

周りの意見

満員電車で余裕のない所へ、お腹の大きい妊婦やマタニティマークをかばんに下げた女性が乗ってくる…。

妊婦のお腹を圧迫しないように狭いながらもスペースを作ったり、電車の揺れでよりかからないように気を使います。

 

このような状況から、「妊婦なら人に迷惑かけないように満員電車に乗るな!」「もっと早く家を出て、各駅停車で通勤しろよ!」と言いたくなる人がいるようです。

過激な意見になると「好きで勝手に妊娠しといて、なんで周りに気を使わせるわけ?」とまで言う人も…。

 

妊婦の事情

妊娠初期のつわりのつらさは、妊娠してみないとわからないもの。妊婦側の立場としても、本当なら余裕をもって家を早く出るようにしたいのですが、定時に出るのもやっと…という日もあるのです。

 

また電車づわり(電車に乗っていると気分が悪くなる)があると、各駅停車で長時間電車に揺られることに耐えられず、苦しくても短時間で済む特急などに乗って、早く目的地についてしまいたいという気持ちもあります。

 

周りの迷惑を考えていない訳ではないのですが、体力的に余裕がなくて、誰かに助けてほしいと思う時もあるようです。

筆者の体験談から

筆者も電車づわりがあり、また早く家を出るのも困難だったため、周りに気を使わせないようマタニティマークを隠して特急電車に乗ることにしていました。

 

少しお腹が目立ってきてからは、会社に連絡を入れた上で、各駅停車で通勤し、具合が悪くなったら途中下車して休みながら、遅れて出社することもありました。

 

どうしても満員電車に乗らなければいけない時は、誰かが席を譲らなくてもいいように、ドアの前に立つようにしていました。遠くの景色を見ていると、少し気分が良かったです。

~電車で席を譲ってくれたらやっぱり嬉しい~

筆者が妊娠中にも、電車できつい視線を感じたことや、各駅停車の優先席でも譲ってもらえないという経験もたくさんありました。

これは自分の至らなさなのですが、妊娠したら誰にでも優しくされるものだと思い込んでいたので、譲ってもらえないことが意外ではじめはショックでした。

 

でも考えてみたら自分だって、妊娠前までは疲れたからと席を譲らなかったり、声をかける勇気がなくて無視することもあったりしたので他人のことは言えません。それどころか、自分がしていなかったことを周りにしてもらおうと思っている、自分の浅はかさに気づき、恥ずかしく感じました。

 

そんな中、席を譲ってくれた人は年配の女性が多かったです。きっと出産・育児の経験がある人は、妊娠中の苦しみがわかるんだと思いました。そして、やはり譲ってもらった時はとても嬉しかったです。これからは自分の考えを反省し、改めて、妊婦さんには席を譲るように心がけ、やさしい気持ちの連鎖を繋げていこうと思います。

「妊娠中の電車利用」に関する体験談

体調も良く、立っていることは全然苦痛じゃなかったのですが、(そうじゃなきゃ外出しませんもんね)目の前の女性が席を譲ってくれました。私は立ってて大丈夫です、ありがとうございますとあくまで丁重断わりました。するとその女性は怪訝な顔で、それを付けて目の前立たれても…と言葉を濁しました。ナルホド、とても窮屈な思いをさせてしまっていたようでした。

カラダノート体験談-投稿者こみきんさん~マタニティマークについて考える。付けてて嫌だったことと良かったこと-

 


思えばこの頃の通勤が最も辛く「座りたい」と思っていましたが、マタニティマークをつけて優先席前にいてもガラの悪そうな若者や、寝てますアピールの会社員、スマホいじって下しか見ない会社員など優先席じゃなくても平気よね?という方々には絶対に席を譲ってもらえることはありませんでした。通勤電車で理解のないひとの多さに驚く反面、優先席でもないのに声を掛けて譲ってくださる方々の優しさに感動したりした時期でもありました。

カラダノート体験談-投稿者くうたんまさん~妊娠初期は孤独で不安…職場への妊娠報告と通勤電車-

 


目的の駅に到着し、出ようと手を離した瞬間・・・電車が完全に止まっておらず激しく揺れたのです。普段だったらバランスがとれたのかもしれませんが・・・・自分が思っていたよりも体のコントロールができずに転倒してしまいました。たまたま隣にいた男性が受け止めてくれたのでお腹を強打することは避けられ、私も膝を打っただけで済みましたが・・・これが本当に怖かったです。

カラダノート体験談-投稿者ゆーとままさん~妊娠中の外出は慎重に!電車やホームでのトラブル-

 

赤ちゃんと自分を守るのは妊婦自身

今回は否定的な意見に耳を傾けてみましたが、決してこのような人ばかりではありません。妊婦に限らず、高齢者やけが人などの弱者に手を差し伸べてくれる人もたくさんいらっしゃいます。また、妊婦にどう接したらいいのかわからない、という理由から避けてしまう、否定的に見てしまうという人もいらっしゃるでしょう。

 

大切なことは、妊婦自身が「優しくされて当然」という態度でいないことです。妊娠中は大変なことが多いですが、極端な話、赤ちゃんも自分も守れるのは自分だけ。何かあってからでは遅いのです。

出来るだけ、満員電車へのリスクを避けて早いの電車で移動する、他の交通手段で移動するなどしましょう。しんどくて移動できないのであれば、その日は家でしっかり休息をとるという判断も必要ですよ。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-08-20掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

仕事に関する記事

働く女性のつわり対策~お助けアイテム編~

働きながらマタニティ―ライフをおくる人は、通勤中や職場で具合が悪くなったらどうし...

つわりが重いけど、仕事は辞めるべき?続けるべき?迷っているあなたに両立へのアドバイス

待望の妊娠!うれしい気分もつかの間、すぐに襲ってくるつわりに体調不良。「ただでさ...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

仕事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る